ビジネス

専門家が「povo」を勧めない理由 UQモバイルとどちらが得か

auのサブブランド「povo」と格安スマホ、どちらにすべきか(Getty Images)

auの新ブランド「povo」とUQモバイル、どちらにすべきか(Getty Images)

 毎月かかる携帯電話料金を節約できるに越したことはない。低料金を謳うauの新ブランド「povo(ポヴォ)」が気になっているauユーザーは多いことだろう。しかし、auからの乗り換え候補としては、auショップで展開中のサブブランド・UQモバイルの「くりこしプラン」を推す声も多く、判断がなかなか難しい。料金などを比較してみたとき、「povo」と「くりこしプラン」のどちらがお得なのだろうか?

月2728円で20GB使える「povo」

 まずは、いったん「povo」についておさらいしよう。こちらのプランは「月2728円・データ容量20GB」だ(価格は税込、以下同)。

 自分の使い方に合わせて各種「トッピング」を加えることも可能で、トッピングの内容には「5分以内通話かけ放題550円/月」や「通話かけ放題1650円/月」「データ使い放題220円/24時間」、「データ追加550円/1GB(有効期間31日)」などが用意されている。

 また、auの回線を使用しているので、格安プランといえど、通信エリアも品質も安定している。「ネットワークに繋がりにくくなるのでは……」と心配する必要はない。

 しかし「povo」には「キャリアメールや留守番電話サービスを使用することができない」などのデメリットも存在している。最大の特徴と言えるのが、契約窓口が「オンライン限定」であることだ。手続き、サポートはすべてオンライン上で実施しており、店頭や電話でのサポートには対応していない。そのため詳しくない人にとっては、少々ハードルが高く感じてしまうだろう。

データ容量に合わせて選べる「くりこしプラン」

 一方、「povo」と比較して語られることが多いUQモバイルの「くりこしプラン」。こちらは、以下の3つのプランに分かれている。

 ・「くりこしプランS」→ 1628円・データ容量3GB/月
 ・「くりこしプランM」→ 2728円・同15GB/月
 ・「くりこしプランL」→ 3828円・同25GB/月

 各コースの余った容量は翌月に繰り越すことができるので、毎月のデータ通信量にムラがある人にはうれしいサービスと言える。上記の各コースをベースに、「国内通話10分かけ放題」(770円/月)や「国内通話かけ放題」(1870円/月)といった通話オプションを加えることもできる。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン