ビジネス

専門家が「povo」を勧めない理由 UQモバイルとどちらが得か

「povo」が有利なケースとは?

 上記2つで比較すると、ほとんどデータ通信を利用していない人であれば、UQモバイル「くりこしプランS」が有利だ。しかし、Wi-Fiが繋がらない外出先などでスマホを使うことが多いケースでは、「povo」、「くりこしプランM・L」のどれを選ぶべきか悩ましい。

 数ある携帯会社の中から最適なプランをクライアントに提案する「携帯見直し本舗」の代表取締役社長・鮎原透仁氏は、「正直なところ、お客様にpovoをオススメすることは、ほとんどありません」と明かす。

「『くりこしプランM』、『くりこしプランL』の基本データ容量と比較してみた場合、povoに向いているのは、“毎月のデータ通信量が15〜20GBの範囲の方”ということになります。

 つまり『UQモバイルではなくpovoにしておけばよかった!』と後悔するケースとして考えられるのは、『毎月のデータ通信量が15〜20GBに収まるのに、くりこしプランLを選んだから、毎月3828円かかることになってしまった! povoにしておけば毎月2728円で済んで1100円お得だったのに!』という大変限定された条件なんですよね。

 私のもとに相談にいらっしゃるお客様は、機械の操作があまり得意ではない方も多く、そういった方々には、オンライン上のサポートしかないpovoのハードルは高いです。その点、UQモバイルは現在、全国のauショップで展開されています。なので、近くのauショップを訪ねて、『自分は毎月、何GBくらい使っていますか?』とスタッフに質問し、それに合ったくりこしプランを選べばOK。店頭でそのまま申し込めるので簡単です」

「povo」か? 「UQモバイル」か? その選択をするにあたって、重要なポイントとなるのが、15〜20GBの5GBらしい(「月のデータ使用量が15〜20GB」ならpovoでいいが、15GB以下ならUQモバイル「くりこしプラン」のSかM、20GB以上なら同Lがお得になるケースが多い)。

 この5GBの範囲内に、月のデータ使用量を収めるか? それとも、店頭サポートやキャリアメールが利用できるなどの利便性を重視するか? それぞれの長所短所をしっかり理解した上で吟味したい。

※記事内の料金はすべて2021年7月時点のもの。

●取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン