ライフ

通信量が多い「オンラインゲーム」 モバイルWi-Fiでも遊べるか

世界中でプレイされているオンラインゲーム「Fortnine」(Getty Images)

世界中でプレイされているオンラインゲーム「Fortnine」(Getty Images)

 近年、オンラインゲームの中でも「バトルロイヤルゲーム」と呼ばれるジャンルが人気を集めている。オンラインゲームは基本的にインターネット通信が必要であり、特に「重い」ゲームは高速大容量がウリの光回線への接続が必須と思われがちだが、いわゆるWiMAXやポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーターに接続してプレイすることはできないのだろうか。

 結論から先に言うと、WiMAXやポケットWi-Fiでもバトルロイヤルゲームをプレイすることはじゅうぶん可能だ。ただし、モバイルWi-Fiを利用してオンラインゲームをプレイするためには注意しておかなければならないポイントがいくつか存在する。

 子供から大人まで幅広い年代に人気の高いオンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」を例に、モバイルWi-Fi接続で遊ぶ際の注意点を確認してみよう。

「Fortnite」は老若男女問わず世界中にファンを持つバトルロイヤルゲームだ。ゲームに参加する100人のプレイヤーの中で、最後の1人になるまで戦うというのが基本的なルール。ほかのバトルロイヤルゲームと大きく異なる特徴に、“建築”がある。プレイヤー自身が壁や階段を作って敵の攻撃を防いだり、高い位置を陣取るなどしてバトルを有利に展開する──そういった要素が人気の秘訣だ。

プレイ前の「ダウンロード」という壁

 モバイルWi-Fiでも「Fortnite」がプレイできることを知り、「さっそく遊んでみよう」と思った読者の出鼻をくじくようで申し訳ない気持ちになるが、ゲーム開始前から“ひとつの壁”に直面することになる。それは「Fortnite」のダウンロードに必要なデータ容量についてだ。

 そもそも「Fortnite」はパソコンやPlayStation 4/5、Nintendo Switchなどといった様々な端末でのプレイに対応しており、そのプレイ環境によってダウンロードするデータ容量が異なる。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン