• TOP
  • スポーツ
  • 大坂なおみ「五輪後に引退」の可能性 テニス界のレジェンドも懸念 

スポーツ

2021.07.14 16:00  女性セブン

大坂なおみ「五輪後に引退」の可能性 テニス界のレジェンドも懸念 

夢の東京五輪で完全復活が期待される(写真/アフロ)

夢の東京五輪で完全復活が期待される(写真/アフロ)

「うつ病に悩んでいた」「しばらくコートから離れる」といった衝撃の告白で全仏オープンを棄権し、続く全英オープンも欠場。宣言通り、表舞台から離れていた大坂なおみ選手(23才)が、久しぶりに公の舞台に上がった。米テレビ局主催の、スポーツ界での活躍を表彰する授賞式が7月11日(日本時間)に開かれた。最優秀女子アスリートに選出された大坂選手はドレスアップをし、満面の笑みを見せたのだ。

 この期間、大坂選手は、“コート外”での活動は続けていた。

「『VOGUE JAPAN』8月号の表紙で水着姿を披露し、7月8日には米『TIME』誌(電子版)でメンタルヘルスについての手記が公開されました。さらに、7月16日にはNetflixで大坂選手に密着したドキュメンタリーが配信開始されるなど、目まぐるしい活躍を見せています」(スポーツライター)

 しかし、肝心のテニス界からは心配のコメントが寄せられている。レジェンド、ジョン・マッケンロー氏(62才)は、燃え尽きたことを理由に26才で引退した元男子世界ランク1位のビヨン・ボルグ氏(65才)を例に挙げてこう語った。

《今の大坂は、彼と似たようなことを感じているのではないか。(中略)大坂がテニスを続けられなくなる危険性もある》

 ラケットを持つことを拒む大坂選手に、テニス界の重鎮は「引退」の二文字を指摘した。

 テニス界全体が彼女の次の言動に注目する中、7月6日、大坂選手は《日本代表として、出場できることに誇りを持っております。(中略)オリンピックは、全力を尽くします》と、五輪出場のコメントを発表したのだ。これで大坂選手の完全復活とするのは時期尚早だ、とみるのはテニスジャーナリストの塚越亘さんだ。

「ほかの競技と比べると、テニスプレーヤーにとって、五輪はそれほど重要ではありません。賞金は出ないし、現在は世界ランクを争うツアー中だからです。しかし、大坂選手にとって日本は生まれ故郷であり、大好きなお母さんの祖国でもあります。自分のためというより“家族のためにも金メダルを目指したい”、そんな純粋な気持ちなのでしょう」

 それだけに塚越さんは東京五輪を最後に大坂選手は引退の可能性があると続ける。

関連記事

トピックス