スポーツ

大谷翔平成功の秘密 ビジネス界も注目の「グロースマインドセット」とは

(写真/Getty Images)

大谷選手の”心のあり方”にも注目が集まっている(写真/Getty Images)

「彼と会ったとき、『トレーニングも順調にやってます』とすごくいい笑顔で話してくれたのが印象的でした。ちょうどオフシーズンで日本に帰ってきていたときだから、2020年の12月頃です。その“状態のよさ”がいまの大活躍につながっていると思います」

“彼”とはいま間違いなく世界一有名な日本人であろう、大谷翔平(27才)その人だ。大谷を15才から取材してきたスポーツライターで『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』の著書もある佐々木亨さんは、満面の笑みでワールドワイドな活躍を祝福した。

 4年前に海を渡った青年は、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに入団し、快進撃を続けている。前半戦だけで、打っては33本のホームランを量産し、松井秀喜のもつメジャーでの日本人シーズン最多本塁打を更新。投げてはメジャーの強打者を相手に4勝を挙げた(日本時間7月12日時点)。打者・投手の二刀流は世界中の人々の心をとらえて離さず、現地では活躍のたびに発せられる「Sho-Time」との掛け声が流行語になっている。

 世界中の老若男女を虜にする27才の青年は、いかにして“大谷翔平”となったのか

けがやアクシデントを次のステップにする

《悪い時にどうするかが一番大事》《自分の中で課題を消化するのが野球の面白さなのだと思います》──これらは大谷が過去に失敗に直面した際に発した言葉の一部。失敗を受け止めつつも、それをすぐさま好転させようとする、前向きな姿勢がうかがえる。なぜ、そうも前向きになれるのか。

 読み解くひとつのカギとなるのが、「グロースマインドセット」と呼ばれる心のあり方だ。『子育てベスト100』の著者で教育ジャーナリストの加藤紀子さんが解説する。

「これは、発達心理学の世界的な権威であるスタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック教授が提唱したもので、壁にぶつかったときにそれを挑戦や学びとして肯定的に受け止め、困難にも立ち向かえるしなやかな心を指します。

 近年はビジネス界でも注目されており、“激変する世界の中で生き残るには、社内の人材にグロースマインドセットを浸透させることが最も重要”といわれています。失敗を恐れたり、困難にひるんだりすることなく、大舞台で伸び伸びとプレーする大谷選手は、典型的なグロースマインドセットの持ち主です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン