芸能

“編集者ドラマ”が増加する理由「リモートじゃできないことを描ける」

小芝風花

『彼女はキレイだった』に主演する小芝風花

 ここ数年、編集者が登場する連続ドラマが増えている。特に、コロナ禍で制作されている今年のドラマでその傾向は顕著だ。いったいなぜ今“編集者ドラマ”なのか? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 ドラマのジャンルといえば、ホームドラマ、刑事、学園、医療などが主流だったが、ここ数年で数を増やしているのが、「編集者ドラマ」である。

 黒木華主演の『重版出来!』(2016年)や千葉雄大主演の『プリティが多すぎる』(2018年)など、印象的なドラマも多いが、今年は、すでにTBS『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』、日本テレビ系『カラフラブル ジェンダーレス男子に愛されています。』、フジテレビ系『レンアイ漫画家』、TBS系『リコカツ』、テレビ東京『理想の男』、NHK『半径5メートル』と、編集者が登場するドラマが放送されている。

 これまでにも雑誌記者が行く先々で殺人事件に遭遇する二時間ドラマなどはたくさんあったが、ここへきて編集者にスポットが当たるのはなぜか。考えてみたい。
 
 重要なのは、仕事としてはとても古典的という点だ。
 
 雑誌は最先端のネタを扱っているのに、古典的というのは矛盾しているようだが、その仕事ぶりについては、この夏スタートしたフジテレビ系『彼女はキレイだった』にもよく出ている。

 主人公の佐藤愛(小芝風花)は頑張って、なんとか出版社の総務部に入社。入社早々、用事を頼まれ、社の花形であるファッション誌「ザ・モスト」編集部に顔を出すと、いきなり「校閲して」「バイク便頼む」「スタジオにコーヒー手配」と雑用を次々頼まれ、わけがわからないまま手を動かし、走り回る。

 すると、その仕事ぶりを見込まれ、三カ月だけ総務部所属のまま編集部で働くよう言われるのだ。しかし、慣れないモデル撮影現場では、スタジオで「お水!」と言われ、ミネラルウォーターのボトルをそのまま差し出すと、「ストロー!」と叱られ、あわてて撮って戻ると備品に体当たりして、カメラマンに「どけっ!!」「邪魔!」と怒鳴られる。おまけに土足厳禁のスペースで靴を脱いだら、靴下に穴が…。そりゃ、泣きたくもなる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン