• TOP
  • 芸能
  • 『100日間生きたワニ』監督夫妻が語る「声優」を起用しない理由

芸能

2021.07.22 07:00  NEWSポストセブン

『100日間生きたワニ』監督夫妻が語る「声優」を起用しない理由

コロナ禍の今、この映画で伝えたいこととは?共同監督を務めた上田慎一郎さんとふくだみゆきさん夫妻

コロナ禍の今、この映画で伝えたいこととは?共同監督を務めた上田慎一郎さんとふくだみゆきさん夫妻

 最終話がTwitterで国内歴代最多数の「いいね」を記録した大ヒット漫画『100日後に死ぬワニ』。そのアニメーション映画『100日間生きたワニ』が7月9日より公開中だ。監督・脚本を手掛けたのは、『カメラを止めるな!』の監督・上田慎一郎さん(37才)と、同じく映画監督・アニメーターとしても活躍する妻のふくだみゆき(33才)さん。映画版オリジナルのストーリーやキャラクターが登場する本作は、神木隆之介さん(28才)や中村倫也さん(34才)など豪華キャスト陣も多数出演している。彼らを起用した理由などについて2人に詳しく聞いた。

 映画『100日間生きたワニ』には、原作にはないオリジナルキャラクターのカエルが登場する。考案する際には、原作者のきくちゆうきさん(35才)も参加したという。

ふくだ「新キャラクター考案の際、まずはきくちさんも交えて打ち合わせを行い、ディスカッションをして、アイディアも出していただきました。おかげで一回の打ち合わせでどんなキャラクターにするかという方向性がほぼほぼ決まりました」

 カエルは俳優の山田裕貴さん(30才)が演じた。カエルにした理由について上田さんは、「あまり言わないほうが良いのかな」と明言を避けつつも、「一つ言うなら、やっぱり梅雨とともにやってくる、というところがミソですかね」と話す。

 さらに、ワニ役には神木隆之介さん、ネズミ役は中村倫也さん、ワニが恋するセンパイ役に新木優子さん(27才)とキャストも豪華な本作。モグラ役の木村昴さん(31才)以外、メインキャラクターは声優ではなく役者を多く起用しているのが特徴だ。その理由は、原作の語り口を生かしたいという2人の強い思いがあった。

上田「ぼくらの中で、邦画のようなアニメを作ろうというコンセプトがあったんです。だから当初から、基本的には声優ではなく、役者を起用するべきだなという方向性を持っていました」

ふくだ「もともと原作が多くを語らない、独特の間合いを持つセリフが特徴的なんです。だから、セリフを映像の中へ持ってきた時に、その空気感を損いたくなくて。通常のアニメは割と会話がポンポンと展開して、物語が進んでいくものだと思うのですが、本作はそうではなく、その時の空気感や余韻を感じられる“間”を通常のアニメよりたっぷり取っています。

 なので、役者にもいわゆるアニメを意識した演技ではなく、実写と近い形で演じてもらおうと当初から思っていました。具体的には、はっきりセリフを言うというより、普通に喋っているような空気感の中で演じて欲しいとお伝えしました。出来る限り作られたものではない、キャラクター同士の空気感を大事にしたかったんです」

関連記事

トピックス