スポーツ

五輪で絶叫が響き渡るか?解説起用が熱望される松木安太郎氏の存在感

東京五輪で松木安太郎氏の解説を聞く機会はあるか?(時事通信フォト)

東京五輪で松木安太郎氏の解説を聞く機会はあるか?(時事通信フォト)

 やはり、日本代表にはあの男が必要ではないか──。東京五輪で13大会ぶりのメダルを目指す男子サッカーはグループステージで初戦の南アフリカ、2戦目のメキシコを撃破して2連勝。準々決勝進出に大きく前進した。

 テレビ中継は第1戦がNHKで森岡隆三氏、第2戦はテレビ朝日で中田浩二氏が解説を務めた。W杯予選などでサッカー日本代表戦の解説を長年担当してきた松木安太郎氏の出番はまだない。五輪ではNHKと日本民間放送連盟で構成する『ジャパンコンソーシアム』が国際オリンピック委員会(IOC)に放送権料を払っているため、各局の共同制作となっている。そのため、メキシコ戦の中継局はテレビ朝日だったが、フジテレビの西岡孝洋アナが実況を担当していた。

 ネット上では松木氏の“絶叫型解説”に賛否両論あるが、一緒に盛り上がりたいと考える視聴者からの起用を熱望する声も絶えない。

 どんな解説者を好むかは人それぞれだ。2戦目の解説を務めた中田氏は得点シーンでも叫ぶことなく、試合中も冷静に言葉を並べ、感嘆詞や擬音は特に発していなかった。静かな中継を見たい人にとっては望ましい放送だった。松木氏なら、日本が点を取れば『よーし、よしよし!』と“よし”を連発していただろう。初戦の森岡氏は『おっと!』など感嘆詞がかなり飛び出ており、興奮の証拠として『どう入っていくか、どう入っていくか』のように2度同じ言葉を繰り返すこともあった。ただ、落ち着いた声なので、松木氏の『PK!PK!』と違って視聴者もあまり気にならなかったかもしれない。

 今回、松木氏の出番が未だにないことで、逆に唯一無二の存在が浮かび上がっている。松木氏はいつも地上波の代表戦では、老若男女にわかるように、敢えて平易な言葉で語っている。初戦の森岡氏は『リトリート』『インナーラップ』と専門用語を使っていた。普段サッカーに興味がなくても、オリンピックを見る人は沢山いる。意味を理解できない視聴者もいたはずだ。松木氏なら『リトリート』は『みんなで下がって守る』、『インナーラップ』は『空いた場所に後ろからダァーと走り込む』と説明したかもしれない。

 かつてオフサイドを『急がば回れ』と表現したように、誰にでもわかるように説明する能力は日本のサッカー解説者でナンバーワンだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン