• TOP
  • 芸能
  • 菅田将暉「三浦春馬くんと同じ時間を生きた」亡き先輩との「衝撃」の共演

芸能

2021.08.20 19:00  NEWSポストセブン

菅田将暉「三浦春馬くんと同じ時間を生きた」亡き先輩との「衝撃」の共演

菅田将暉の思いとは

菅田将暉の三浦春馬さんへの思いとは(写真は2021年8月)

 テレビ番組で「三浦春馬」の名が久しぶりに流れて、ファンの胸を熱くさせた。俳優の菅田将暉(28才)が、8月14日の情報生番組「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日系)にゲスト主演し、刺激を受けた俳優の1人として、さらりと名を挙げたのだ。

 MCの中居から「影響された俳優は」と尋ねられると、「学生のときは小栗(旬=38才)さんとか山田孝之さん(37才)とか、その世代のドラマや映画をずっと見て」と切り出し、2013年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した“出世作”の主演映画『共喰い』で、女優の田中裕子(66才)や光石研(59才)と共演して「肌感として迫力がすごかった」と続けた。

 その上で「結局、一番刺激になっているのは同世代っすかね。仲野太賀(28才)って俳優とか染谷将太(28才)って俳優とか、ちょっと上で池松壮亮さん(31才)とか三浦春馬くん(享年30)とか柳楽優弥くん(31才)。同じ時間しか生きていないのに何でこんなに違うんだろうって」と、熱く語った。

 この告白には、すぐに三浦さんのファンたちがSNS上で「さらっと自然に言ってくれてうれしかった」、「菅田くんありがとう」、「春馬くんにも届いてるかな…」と、喜びの声を続々と上げた。

 2人の初共演は、まだ菅田には代表作が『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)しかなかった駆け出しのころに遡る。2011年の月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)で、菅田は生徒役、三浦が教師役。劇中では菅田が三浦を殴るシーンもあった。

 ある芸能記者は「あのドラマは、三浦さんとヒロイン戸田恵梨香さん(32才)で真実の愛を描いた秀作。当時は、若き教師2人の演技が絶賛されました。それを間近で見ていた、まだ経験の浅い菅田さんは、かなりの衝撃を受けたそうなんです」と振り返る。

 その後は、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、三浦が父親の井伊直親、菅田が息子の井伊直政を演じた。出演回は入れ替わりで“物語上の共演”は無かったが、あるドラマ制作関係者は「撮影を終えた三浦さんが、菅田さんに差し入れをするなど仲良しでした。菅田さんにとっては兄貴分だったのでしょうね」と話した。

 2018年のヒット映画『銀魂2』でも再共演を果たして、近年の菅田の活躍には、生前の三浦さんも喜んでいたという。

関連記事

トピックス