• TOP
  • ライフ
  • 『孤独のグルメ』久住昌之氏 カレーの最高レシピ「キャベツカレー」

ライフ

2021.08.23 16:00  女性セブン

『孤独のグルメ』久住昌之氏 カレーの最高レシピ「キャベツカレー」

 誰からも愛される“国民食”であるからこそ、カレーに対するこだわりを持つ人も少なくないだろう。『孤独のグルメ』(扶桑社)の原作者で、絵本『大根はエライ』(福音館書店)なども手掛ける久住昌之さんは、カレーに、大好きなキャベツを入れるのだという。

「昔、吉祥寺のお店で食べたカレーライスにキャベツが入っていて、真似して作ってみたら、これはイケると。至って普通のカレーだけど、キャベツの甘みが溶け込んで、いい味になるんです」(久住さん)

 そこで、久住さんに「キャベツカレー」のレシピを教えてもらった。

キャベツカレー

久住さんの定番、キャベツカレー(撮影/鈴木江実子)

「キャベツカレー」
●材料(4人分)
鶏もも肉…400g、キャベツ…1/2個(500g弱)、じゃがいも…2個、サラダ油…大さじ1、にんにく(みじん切り)…1片、クミンシード…小さじ1、玉ねぎ(薄切り)…中1個、トマト水煮缶…1缶、水…600ml、いんげん…40g、カレールー(フレークタイプ)…1袋(180g)、カレー粉…小さじ2

●作り方
【1】鶏肉は一口大に、キャベツはざく切りにする。じゃがいもは皮をむいて大きめの一口大に切り、下ゆでしておく。
【2】鍋にサラダ油、にんにく、クミンシードを入れて火にかける。香りが立ったら、玉ねぎを加えて5分ほど炒める。
【3】 【2】に鶏肉を加えて炒め、肉の色が変わったらトマト水煮缶、キャベツを加えて、水を注ぐ。沸騰したら弱火にして10分ほど煮る。
【4】4cm長さに切ったいんげんと、【1】のじゃがいもを加えてひと煮し、一旦火を止めてカレールーを加えて溶かす。再び火にかけて、とろみがつくまで5~10分ほど煮て、カレー粉を加えて味を調える。

異国情緒漂う店とカレーを旅気分で楽しむ

 今夏、久住さんは個展を開催。その会場となったギャラリーの1階にあるスリランカ料理店『BANDARA LANKA』の「スリランカカレープレート」(1650円)がお気に入りにだという。

「一皿でいろいろ楽しめて、とてもおいしい。人気のお店で混んでいることも多いけど、テラス席は穴場です。海外みたいな雰囲気があって旅気分も味わえておすすめですよ」(久住さん)

 その「スリランカカレープレート」で使用される「レンズ豆のカレー」を再現するためのレシピを紹介する。

カレ

「スリランカカレープレート」(「レンズ豆のカレー」は左上部分、撮影/鈴木江実子)

『レンズ豆のカレー』
●材料(作りやすい分量)
レンズ豆…250g、玉ねぎ…½個、にんにく…2片、トマト…1/2個、ココナッツオイル…大さじ3、マスタードシード・フェネグリークシード…各小さじ1、シナモンスティック…1/3本、ターメリックパウダー…小さじ1、チリフレーク…適量、塩…大さじ1、水…350ml、ココナッツミルクパウダー…120g

●作り方
【1】レンズ豆は洗って水けをきる。玉ねぎ、にんにくはみじん切り、トマトは角切りにする。
【2】フライパンを熱し、ココナッツオイルをなじませたら、マスタード、フェネグリークシード、にんにくの順に加え、香りが立つまで炒める。玉ねぎを加えて半透明になるまで炒めたら、砕いたシナモンスティックを入れ、ターメリックパウダーとチリフレークを入れてなじませる。
【3】トマトを加えて2分ほど炒めたら、レンズ豆を加えてなじませ、塩、水を加えてふたをし、強火で時々混ぜながら15分煮る。
【4】ココナッツミルクパウダーをお湯250ml(分量外)で溶き、3に加えてよく混ぜる。沸騰したら弱火にして5分ほど煮て完成。

関連記事

トピックス