国内

コロナワクチン4回接種した80代男性「早く5回目を打ちたい」

日本国内ですでに「4回目」のワクチンを打った人物が

すでに「4回目」のワクチン接種を済ませたA氏の腕

 新型コロナワクチンの「3回目接種」が世界的に加速している。イスラエルでは8月1日から3回目接種を開始しており、日本でも来年以降に3回目を検討している。そんななか、日本国内ですでに「4回目」を打った人物がいる。

「勤め先の社長から『お前のこと新聞に載ってるぞ』と言われて驚きました。不正に4回打ったことは反省しています」

 そう語るのは、北海道・弟子屈町に住む80代男性のA氏だ。

 町外の医療機関に出入りする仕事をしているA氏は、今年4月と5月に医療従事者枠でファイザー製のワクチンを先行接種した。しかし、6月と7月にも自治体の高齢者枠でファイザー製ワクチンを打ち、計4回接種したことが報じられ波紋を呼んだ。

「先行接種した際、病院から『高齢者向けの接種券は破棄してください』と告げられましたが、それを無視して3回目以降を打ちました。打てば打つほど免疫力が上がるはずだと思ったんです。

 病院に出入りしている身なので、万が一にもコロナに感染したら周囲に大変な迷惑をかけることになる。絶対に罹りたくないという思いが先走ってしまった」(A氏)

 現在、A氏は逆流性食道炎の持病があるのみで服薬もしていない。40年前にがんで胃と胆のうを全摘し、20年前にはスズメバチに刺されてアナフィラキシーショックを起こした過去があるものの、以降は大病もせずに過ごしてきたという。

 3回目接種について、イスラエルの調査では「3回目を接種した31%に注射部位の痛みや倦怠感など、特定の副反応が確認された」などの報告がされているが、A氏はどうだったのか。

「1~2回目は何の体調の変化もなく、腕に少し違和感が残った程度でした。これなら大丈夫だろうと3~4回目を打ったところ、むしろ痛みは1~2回目より少なかった。すべて左腕に打ちましたが、利き腕でも問題なかったかもしれない。熱も一度も出ていません。自宅で計測したことはないけど、職場入り口の体温測定器で警告音が鳴ったこともなかったし」

関連キーワード

関連記事

トピックス