ライフ

「宅飲みトラブル」が増加 自宅周辺の治安悪化に怯える人も

新型コロナウイルスの感染防止のため宅飲みが広まった(イメージ)

新型コロナウイルスの感染防止のため宅飲みが広まった(イメージ)

 弘中綾香アナが「宅飲みパーティ」をし、テレビ朝日は注意喚起をしたと「週刊新潮」が報じたことで、これくらいよいだろう、いや黙食でもないし非難を浴びてもしかたないとネットでも様々に議論を巻き起こしている。飲食店での酒類提供が自粛されている影響で「宅飲み」が広がっているが、そのことでコロナ対策という意味だけでない軋轢が起きている。ライターの森鷹久氏が、増える「宅飲み」トラブルについてレポートする。

 * * *
 仕事終わりに同僚と軽く一杯……などという以前は当たり前だった光景も在宅ワークの拡大と飲食店の酒類提供自粛により、一部を除けばほとんど見られなくなってしまった。

 一方、購入してきた酒やツマミで「宅飲み」にシフトする人々も増加中だというが、思わぬトラブルが起きているという。

「今年の冬頃から騒がしくなり、ピークは五輪期間。何人も入れ替わり立ち替わりやってきて、居酒屋よろしくのどんちゃん騒ぎ。マンションの入り口には、その仲間と思われる連中がたむろして、マスクもせずにおしゃべり、喫煙、路上飲み。もううんざりです」

 こう話すのは、都内在住の検査技師・木本裕平さん(仮名・30代)。自宅マンションの同フロアに住む若い男の家に「宅飲み」目的の若者が集結し、週末など明け方まで大騒ぎをしているというのだ。

「五輪期間なんか、勝った負けたと大きな声が聞こえてきて、おそらく『賭け』もしていたような叫び声も聞こえました。エントランスに、騒音を出すな、と貼り紙も貼られていますがお構いなし。イレズミを入れた若者もいて、住人は厳しく注意できない」(木本さん)

 同じく、都内に住む大学生・金本さやかさん(仮名・20代)も、自宅アパート住民の「宅飲み」により、治安が悪化していると感じている。

「大学生しか住んでいないアパートで、学校がコロナで休校になった頃から、宅飲みする住人が増えました。バイトから帰ると、私の部屋の前に酔っ払った男の人が寝転がっていたり、ピンポンしてきて『一緒に飲もうよ』なんて言われたこともあります」(金本さん)

 他にも、アパートの階段に嘔吐物があったり、酔った住人同士の怒鳴り合う声が聞こえてきたりと、金本さんは自室にいても、安心できない日々を過ごしているという。

 宅飲みトラブルはこれだけにとどまらない。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン