芸能

テレ朝・飲酒転落事故「謹慎10日」の大甘処分で玉川徹は納得するのか

テレビ朝日(時事通信フォト)

処分はどう受け止められるか(時事通信フォト)

 テレビ朝日のスポーツ局スタッフ10人が、8月8日の深夜から9日にかけて、緊急事態宣言下にもかかわらずアルコールを伴う宴席を飲食店で開き、社員1人が誤って店の外に転落して負傷し緊急搬送された件で、テレビ朝日が処分内容を発表した。10名のうち社員である6名について「謹慎10日間」の処分とし、スポーツ局長とスポーツセンター長は管理監督責任を問われ「減給1か月」の処分とした。

 さらに、スポーツ局統括の亀山慶二社長、スポーツ局担当の常務取締役は、役員報酬を10%・1か月自主返上する。

 テレビ朝日の発表によると、10人はいずれも当社スポーツ局所属で20代。社員が6名で、社外スタッフが4名だった。

 うち社員5人が8月上旬、オリンピック番組の打ち上げとオリンピック後に異動する1人の“送別会”という名目で、オリンピック閉会式後の宴席を約束、残る5人には当日の仕事終わり等に声をかけ、合わせて10人となったという。

 当日の20時、六本木の飲食店にて参加者6人で宴席を開始。その後、負傷した社員を含む2人が加わり、23時過ぎまでアルコールを伴う飲食を続けた。

 23時半ごろ、8人は渋谷のカラオケ店に移動。二次会が始まった。日付が変わって9日午前2時ごろ、2人が加わり10人がそろった。

 そして午前3時半。負傷した社員1人が帰宅することになり、個室を出た。その後、転落したが、残った社員はカラオケ店の個室内にいて、そのことに気付いていなかった。

 負傷した社員は局の聴取に対し、〈疲労がたまっていて、酔いが回ってきた意識があり、周りに迷惑をかけてはいけないと思い、皆より先に帰ろうとした〉〈他のお客さんと乗り合わせるのを避けようとエレベーターではなく非常階段を使った〉と説明。さらに、〈はっきりとは覚えていないが、外に出られないと思い込み、隣のビルの壁や看板をつたって降りようと考えたのだと思う〉と語ったという。

 非常階段の2階付近から転落した社員は、手術を経て先ごろ退院し、現在はリハビリを開始しているという。かなりの重傷だったが、社内では「こんなに早くリハビリできるようになってよかった。奇跡が起こったという声も上がっている」(テレビ朝日関係者)という。

関連記事

トピックス