• TOP
  • 芸能
  • 高橋メアリージュン「マスク強制への疑問」投稿 専門家はどう見る

芸能

2021.09.08 07:00  NEWSポストセブン

高橋メアリージュン「マスク強制への疑問」投稿 専門家はどう見る

感染対策は「マスクが全て」ではない(時事通信フォト)

感染対策は「マスクが全て」ではないはずだが…(時事通信フォト)

 8月下旬、モデルで女優の高橋メアリージュン(33)が、マスク着用を求める風潮に「あれ?マスクって強制だっけ?」と疑問を投げかけ、大きな話題になった。マスクによって体調不良を起こす人々がいると指摘しており、高橋自身もマスクで〈酸欠状態〉になって頭痛を引き起こすことがあるため、〈苦しい時はなるべく鼻は出しています〉とのこと。

〈あれ?マスクって強制だっけ?と不思議に思うわけです。でもそれも言えない空気になっています。皮膚が過敏な方、酸素不足で体調悪くなってしまう方達(誰がなってもおかしくない)はお店に入れない。制限がかかる。そんな世の中ってどうなんですか?と違和感を感じるんですね。みんなの健康を守るという優しい目的がズレてしまってないかな?と思うんです〉(8月27日のInstagramの投稿より)

 マスク反対派ではないことを念押しした上で、〈選ぶ権利は守られてほしい〉〈コロナでの死者も出てほしくないしマスクを外せない事が原因での死者も出てほしくない。もちろん他の事が原因でも〉と自身の考えを述べている。

 高橋の投稿に対して、ネット上では「マスクが息苦しいのは、みんな同じ」「個人の自由を振りかざして他人を危険にさらさないで」「こういう人がいるから感染拡大が止まらない」などといった意見が続出した。一方で、高橋に賛同する声も多く、「呼吸器の病気持ちだからマスクは辛い」「肌荒れを起こしてしまう」といった意見も寄せられている。

 マスクについて医学的に解説した『マスクの品格』(幻冬舎)の著者である聖路加国際大学大学院公衆衛生学研究科の大西一成准教授は、人々が「マスクの着用」という一点で対立する構図にやりきれなさを覚えている。

関連記事

トピックス