芸能

山田孝之の「農園サロン」 ファンが押し寄せ、地元住民紛糾騒動

『全裸監督』で村西監督を演じる主演の山田孝之

山田孝之が農業を始めた山梨県のとある集落に人が続々(写真は2019年)

 コロナ禍で農業を始めたり、地方へ移住したりする人が増え始めた。政府もさまざまな制度を設けて応援するが、そこに住む人々はどう考えているのだろうか。芸能人の場合、一般人以上に厳しい現実があるようだ。

「この地域は、高齢者が静かにのんびりと暮らしている場所なんです。それなのに、あの報道以降、県外から人が続々と集まってきてしまった……」

 山梨県のとある集落に住む女性が困惑した表情で話す。集落が位置するのは、最寄りの駅から車で20分ほどの山間部。黄金色に輝く棚田や畑、貴重な野生動物の生息地である里山が広がっている。

 そんな日本の原風景ともいえるのどかな集落に、この春、大きな変化があった。俳優の山田孝之(37才)と、彼が主宰する自給自足プロジェクトのメンバーが土地を借り、農業を始めたのだ。

「10年以上、放置されていた耕作地を借りて、山田さんの大好きなパクチーやトウモロコシ、きゅうりなどの野菜を無農薬で育てています。農業を始めるにあたっては専門家を招いて勉強会を開き、土づくりから始めたそうです」(農業専門誌記者)

 彼がこの土地と出合ったのは今年1月。自然農法を実践できる場所を探していたところ、山梨県に移住していた友人から紹介されたという。土地の持ち主であるAさんはこう話す。

「知人から俳優さんが土地を借りたいと言っていると連絡があって、びっくりしました。農作業を始める前に一度、山田さんご本人がみえて、熱心にビジョンを語ってくれて。私としてはあの土地を使ってもらえて、感謝しているんです。日本には耕作放棄地がいっぱいありますからね」

 日本の原風景と農業を守りたい──そう考える半面、自分が動くことで、住民たちの静かな暮らしを壊してしまいかねないリスクも彼は理解していたようだ。SNSやメディアのインタビューで地名を明かさないことをAさんや地元住民に約束。プロジェクトのメンバーにも、SNSで畑の場所を明かさないように厳命した。

 しかし、今年4月。地元の新聞社が彼らの活動を取材した際、畑のある場所が報じられてしまった。

「山田さんたちは、紙面の隅に小さく載る程度だろうという認識だったそうです。でも蓋を開けてみたら、見出しに大きな文字で地名が書かれていて……」(冒頭の女性)

 記事が出て以降、地元住民たちの山田やプロジェクトのメンバーを見る目が変わったという。70代の男性は眉をひそめながら話す。

「ここのところ、彼のファンや野次馬が全国から来るようになってね。畑の近くで写真を撮るくらいならまだマシ。山田さんが移住していると思い込んで、住所を教えてくれませんか?と近隣住民の家に訪ねてくる人もいるんですよ。この辺に住むのはほとんどがお年寄りなので、新型コロナのウイルスが持ち込まれる危険性を考えると、他県から若い人は来ないでもらいたい」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン