芸能

デビュー10周年のKis-My-Ft2 磨き上げられたバラエティー力

戦隊ヒーロードラマに美 少年が初挑戦

山田美保子さんが10周年を迎えたキスマイの魅力を分析

 音楽活動はもちろん、バラエティー番組や俳優としても活躍しているKis-My-Ft2のメンバーたち。デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2の魅力を、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが分析する。

 * * *

「如実」なグループ内格差をなくすために一肌脱いだ中居クン

 9月3日にオンエアされた『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)「Kis-My-Ft2デビュー10周年SP」が大反響ですね。

 私が彼らのファンを公言しているからでしょう。多くの知人から「苦労したんですね」「応援したくなった」といった感想が届けられ、私もあらためて誇らしい気持ちになりました。

 古参ファンの多くは気づいていた「5人でのデビュー話」。横尾渉クン(35才)と二階堂高嗣クン(31才)の写真が別ページにあった『少年たち~格子無き牢獄~』のパンフレットを目にしたゲネプロ取材の日が鮮明によみがえりました。「なぜ2人がいないのか」、スタッフのもとに飛んで行って最初に聞いたのは私でした。答えは「ドラマと映画」。確かに2人はその後、ドラマと映画に出演しましたが……って、もう昔話はいりませんね。キスマイは7人で10周年を迎えたのですから。

 そして、公私にわたって7人を叱咤激励し続けた中居正広クン(49才)とのエピソードには涙が止まりませんでした。

 中居クンは、いわく「如実な」グループ内格差をなくすために、“後ろの4人”と呼ばれていた千賀健永クン(30才)、宮田俊哉クン(32才)、横尾クン、二階堂クンを『舞祭組』(ブサイク)に。曲のプロデュースやMV出演、キスマイのライブでのチラシ配布、舞祭組のライブにサプライズ出演、さらには、SMAPのライブでの自身のソロ曲パートで舞祭組の曲まで歌ってくれました。宮田クンのように『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)の準レギュラーや、『UTAGE!』(TBS系)で中居クンと共にMCをさせてもらっているメンバーも。感謝してもしきれませんよね。

 カメラに映っていないところでも、一人ひとりに珠玉のアドバイスをくれていた中居クンは、バラエティーでの所作についても厳しく叩き込んでくれていたのです。

 でも、バラエティーで声を張ることや、リアクションで立ち上がること、いわゆる“パターン”などを毎週、がまん強く教え続けてくれていたのは、よゐこの濱口優サン(49才)でした。デビュー年にスタートした『濱キス』(2012年・テレビ朝日系)がなかったら、キスマイの“バラエティー力”は、ここまで完成されなかったと思います。

 濱口サンは本当にやさしいかたですが、オンエア上は「バカヤロー!」を連呼し、キスマイが何かやらかすたびにダメなポイントを指摘し、バラエティーでの正解を出すまでつきあってくださいました。

 いま思い出しても、本当に過酷なロケで、“お題”をクリアすることができず、本当に朝まで収録が続いたこともありました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン