国内

河野太郎大臣「Twitterブロック騒動」専門家の意見は? 日米で違いも

(時事通信フォト)

ブロック行為について考えを述べた(時事通信フォト)

 自民党総裁選への出馬を10日にも表明すると見られる河野太郎行政改革・ワクチン担当大臣が、またもやTwitterの“ブロック”をめぐり物議を醸している。9月7日にはハッシュタグ「#河野さんにブロックされています」がTwitterのトレンドに入り、特定のアカウントに自らの投稿を表示させないようにするブロック行為に関して賛否両論の意見が多数寄せられた。

 政治家の中でもトップクラスとなる230万人以上のTwitterフォロワー数を誇る河野大臣だが、これまでも自身に批判的なユーザーに対してブロック機能を頻繁に行使。ネット上では“ブロック太郎”と揶揄されてきた。ブロックされたアカウントからは河野大臣のツイートを見ることができず、批評のために引用リツイートすることもリプライで議論を交わすこともできなくなる。

 実はアメリカでは、このような政治家によるブロック行為がたびたび訴訟沙汰になっている。2018年、当時の米大統領ドナルド・トランプ氏がTwitterでブロック機能を行使していたことに対して、ニューヨークの連邦地裁が「政治信条を理由にブロックすることは言論の自由の侵害にあたり違憲」だと判断。翌2019年には連邦高裁がトランプ氏側の控訴を棄却した。他にも、民主党左派のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員が元ニューヨーク州議にブロック行為で提訴されたという事例もある。

 最終的にトランプ氏のブロック問題は、今年4月に米連邦最高裁判所が下級審の判断を退ける結果となった。だがその背景には1月の政権交代および大統領退任2週間前にトランプ氏のTwitterアカウントが永久停止されていたことで、「争訟性を喪失している」、つまりもはや争う話ではなくなったという事情もあった。

 こうしたアメリカの状況と比較すると、日本では訴訟問題が起きるどころか、たとえば河野大臣からブロックされたことで“箔が付く”と解釈するTwitter利用者もいる。一部のユーザーは「自分もブロックされたい」とさえ呟く。

 日本とアメリカで、政治家によるブロック行為に関する議論がこうも異なっているのは何故なのか。公共政策と情報社会論が専門の西田亮介・東京工業大学准教授は「大きく2つの違いがある」と指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン