「一つ目はメディアとしてのSNSの位置づけの違いです。新聞が読まれなくなっていたり、若い人ほどテレビの接触率が低下していたりしますが、やはり世界的にみれば日本はいまだにマスメディアの影響力がとても強い。見方を変えれば、(日本の)ネットメディアの社会的な地位が相対的に低いんですね。なのでSNSよりもマスメディアの情報の公式性、権威性が強くなってくる。

 それに対してアメリカを含む諸外国では、権威主義国家などいくつか例外はあるものの、多くの人々が共通に見るメディアとしてはマスメディアがほとんど機能しておらず、むしろSNSが属性ごとに人々の共通項として機能しています。そのため海外ではSNSに情報が出ることの権威が強くなっている。

 二つ目は表現の自由の位置づけの違いです。アメリカにおける表現の自由の位置づけはとても強力です。下級審でTwitterのブロックをめぐって違憲とする判断が出たことが象徴的で、アメリカでは合衆国憲法の修正第1条に表現の自由、報道の自由が書かれます。公人が前述のように権威ある媒体としてのSNSでブロック機能を使うことで、市民にとって言論の自由や政治の透明性、政治家が説明責任を果たすこと等々を毀損されている権利侵害だと広く捉えられたのではないでしょうか。

 一方で日本における表現の自由は、日本国憲法第21条に書かれてはいますが、日常生活のなかで権利としてあまり意識されることがない印象です。そうであるからこそ、『公人も民間人もTwitterをどう使おうが個人の自由』という見方も相当程度支持されている。加えてSNSはメディアとしての公式性が弱いので、そこでどんな発言をしようが、ブロックをしようが、他に記者会見やマスメディアなど、より公式なチャンネルや場があるから別に構わないという感覚が日本では強いのではないでしょうか」(西田准教授)

政治家のブロック行為は何が問題か

 ハッシュタグ「#河野さんにブロックされています」のトレンド入りを受けて、9月7日の記者会見で河野大臣は自らの考えをあらためて説明。「SNS上で誹謗中傷されて悩んでいる方は非常に多くいらっしゃる」「(ブロック機能を使うことは)問題ない」と述べた。9月8日の記者会見では加藤勝信官房長官も「個人の活動において個人として判断をされている。これに尽きる」とブロック騒動に言及し、問題視しない意向を示した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン