Twitterにブロック機能が実装されている以上、誰もがその機能を活用することはできる。SNS上で悪質な誹謗中傷が飛び交っていることも事実だ。とはいえ広く市民の声に耳を傾けるべき立場にある政治家が、批判的意見を遮断するような行為に出ること自体、問題ではないかとの見方もある。その点について、西田准教授は「法的責任」と「道義的責任」に分けて考える必要があると語る。

「法的責任の有無という観点から言うと、おそらく日本では政治家によるTwitterでのブロックが現行法に直接抵触するとは考えにくいのではないでしょうか。ただ、アメリカの訴訟の傾向や学説、判例が、将来日本に影響を及ぼすことはあり得ます。まず学界などで参照されて、その上で国内法にどう関係するか、参考にしたり実際に立法に落とし込んだりする可能性は否定できません。また日本でもマスメディアの退潮が著しいですが、SNSの権威性が高まれば位置づけも変化するかもしれません。

 次に道義的責任の有無ですが、これは立場によって見方が分かれます。一方の立場からすると、政治家は徹底的に説明をするべきで、言葉を尽くして国民と対峙するべきだ、そうであるからこそ寛容に、ブロックなど使わず大物然としてドンと構えているべきだ、ということになるでしょう。それは確かにその通りなのですが、他方では河野大臣が言うように、政治家に限らずSNSで政治に関する発言をすると大量の罵詈雑言や誹謗中傷が寄せられるという現実もあるでしょう。女性議員に対する罵詈雑言や誹謗中傷などが問題になったこともありました。それらを防ぐためにブロックが所与の機能として実装されている以上、なぜ政治家だけ使用してはいけないのかということもいえそうです。

 道義的責任の有無については、どちらの立場にもそれなりの言い分があるので、その中で比較して考えたり、世論がどう受け止めるかが影響するのだと思います。そう考えると、現状はやはり選挙における投票を通して民意を示していくしかない。選挙の時に考慮すべき要素はたくさんありますが、その中の一つの観点としてブロック使用も含むSNSの使い方も踏まえつつ、政治家に相応しい人物を選んでいく必要があるのではないでしょうか」(同前)

 西田准教授によれば、現時点では政治家によるブロック行為は「止むを得ない」とのこと。ただし再度アメリカの判例に立ち戻るなら、「言論の自由の侵害」が問題視されたことはここ日本でも留意しておく必要があるだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン