国内

「次期首相に誰がふさわしいか」 メディアが生む心理的連鎖

菅義偉・首相が総裁選不出馬に至った経緯は?(時事通信フォト)

再選を目指していた菅首相は一転、不出馬を表明(時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、菅義偉首相の突然の退陣表明で、大きな関心を集めている「次期首相」の行方について。

 * * *
 菅首相の突然の総裁選不出馬表明から、テレビや新聞はこの話題一色。8月に26%まで落ち込んだ内閣支持率とともに、自民党支持率も32%まで低下していたのに、最新の世論調査の結果では、なんと自民党支持率が36%にアップしているのだから驚きだ。

 自身の政治的手腕やリーダーシップが招いた批判の数々や支持率低下は一旦横に置き、党の役員人事に内閣改造、総裁選出馬へと、これまでと違う意欲と動きを首相が見せる度に、我慢を強いられてきた国民心理は冷え込み、支持率もみるみる落ちていった。横浜市長選の惨敗もあり、「菅首相では選挙は勝てない」という意識以上に、党内では菅離れが進んでいたことが露になった格好だ。「二階外し」と騒がれたものの、重鎮である二階俊博幹事長の交代も現実となりそうだ。

 菅首相のこの動きが功を奏し、自民党はこれからどうなるのか、どうするのかに注目が集まった。「利用可能性ヒューリステック」が生じたからだ。人は、目に付きやすい情報や印象的な事柄、繰り返される報道ほど思い出しやすくなるという。だが、思い出す、思い浮かぶだけでは自民党の支持率は上がらない。変わるきっかけとして、流れを変える機会が必要になる。

 支持率が落ち続ける首相が権力闘争に意欲を見せておきながら、諦めか挫折か、どちらにしろ突然の不出馬を表明。これぐらいのサプライズがなければ世間もメディアも驚きはしなかったし、自民党内にある現状への危機感も伝わらなかっただろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン