ライフ

【書評】弁護士が経験した19人の女性の物語 「自分らしく」のリアル

『夫婦をやめたい 離婚する妻、離婚はしない妻』著・南和行

『夫婦をやめたい 離婚する妻、離婚はしない妻』著・南和行

【書評】『夫婦をやめたい 離婚する妻、離婚はしない妻』/南和行・著/集英社/1650円
【評者】香山リカ(精神科医)

 女性から「結婚生活が苦痛なんです」という言葉をきく職業のトップ2は、弁護士と精神科医ではないだろうか。私も診察室で日常的にそのフレーズに接し、「真意はどこにあるのかな」と考えながら話を聞く。そして本書は、大阪の弁護士がこれまで経験した話を「19人の女性の物語」として再現したものだ。あまりにリアルで目が離せなくなる。

 私の目がひかれたのは、定年退職した夫がいまだに「夜の生活」を求めることに嫌悪感を抱き、離婚を思い立った60代妻の話。セックスレスに悩む妻も多いが逆もあるのだ、と驚いて先を読むと、夫は食事をしてお風呂に入ってテレビを見て、の続きでからだを求める。問題の核心は、ルーティーン化した生活そのものにありそうだ。

 また、多忙すぎる官僚との結婚生活の中で、夫の不倫疑惑、義母の過酷な介護で疲れきった妻がやさしい男性に出会った話も印象的だった。勇気を出して離婚を切り出したが、夫は弁護士を立てて拒否。やむなく女性は離婚訴訟を起こしたが敗訴してしまう。そこで女性が漏らしたひとことが、「結婚は、人生の罰ゲームなんですか?」。

 19人の女性の中には「カルト集団にのめり込む」などあまり同情できないケースもあるが、全体を通して浮かび上がるのは、結婚生活に安住して妻との人生を真剣に考えようとしない夫たちの姿だ。診察室でも感じることだが、いまどきの女性たちは子育ての最中も終わってからも「自分らしく生きたい」と望み、決して「夫婦は空気と同じ」などとは考えていない。それに気づかない夫が「仕事して生活費さえわたせば文句ないだろう」と思っていると、ある日、離婚を切り出されることもあるのだ。

「離婚だなんて、ウチの女房はそんなこと考えてないよ」と言う人が、いちばん危険だ。心やさしくいつもユーモアを忘れない弁護士が向き合ってきた女性たちの物語、ぜひひとごととしてではなく読んでみてほしい。あなたの結婚生活の今後の継続ためにも、必読の一冊といえる。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB