国内

藤井聡太三冠の鬼手「9七桂」に加藤一二三九段「私も指したことあります」

藤井聡太三冠の終盤の妙手について、加藤一二三九段が解説(写真/共同通信社)

藤井聡太三冠の終盤の妙手について、加藤一二三九段が解説(写真/共同通信社)

 藤井聡太、19歳にして三冠に──史上最年少の偉業を達成した一局では、終盤の妙手が衝撃的な印象を残した。

「藤井さんが豊島(将之)さんに挑戦した13日の叡王戦最終第5局で103手目に『9七桂』を指した瞬間、解説者も『(思考が)追いつかないですね……』と声を漏らした。対局を中継していたABEMAの画面には、AI(人工知能)が推奨する候補手のベスト5が表示されるが、『9七桂』はそこにない妙手で、豊島さんはその8手後に投了。最近はAIの表示があり、解説するプロ棋士が中継で驚きの声を上げる場面は減ったが、今回は例外でした」(観戦記者)

 将棋のオールドファンなら、解説者が声を上げた場面として、1988年度のNHK杯で加藤一二三九段を相手に、18歳の羽生善治五段(当時)が指した「5二銀」を覚えている人がいるかもしれない。解説者の米長邦雄九段は「おお! やったー!」と大声で驚きを表現した。

 今回の9七桂は、その5二銀に匹敵する一手なのか。33年前の“当事者”である加藤九段に聞くと、意外な答えが返ってきた。

「藤井さんの指した9七桂というのは、私は当然の一手だと思いました。解説者から驚きの声が上がったと聞いていますが、おそらく9七桂はプロの棋士が100人いたら98人は指すはずの手なんですよ。私の考えでは残り30秒、もしくは10秒でも指せる手です。今回に限ってはこの手以外にいい手がなかったんです」

 そのうえで加藤九段は、意外な経験を明かした。

「実は私も似た局面で桂馬を跳ねたことがあるんです。1969年1月、大山康晴さんから十段のタイトルを奪取した対局でのことです(後手番だったので指し手は『1三桂』)。だからこそ今回、私は即、9七桂が当然の手として浮かんできた次第です」

 AIが推奨する候補手に入っていなかったことについてはこう話す。

「AIともあろうものが、9七桂を選択肢に入れていなかったのははっきり言って意外も意外の驚きでもあり、私にとっては理解不可能という感じですね。終盤の大詰めになってくるとAIの判断は正確になると言いますけれども、この手が選択肢に入っていなかったのであれば、AIは技術の向上を目指す必要があると思いますね」

 一方で、かつて自らを追い込んだ「5二銀」についてはこう振り返る。

「羽生さんがNHK杯で見せた妙手は伝説の一手と言えます。簡単に思いつく手ではありませんし、羽生善治の天才性をはっきり示した一手だったと思いますね。何年経ってもファンの方から『あの一手は凄かった』と言われるほどでした」

 ただ、藤井三冠の今後の活躍について加藤九段は大きな期待を寄せる。

「藤井さんには今のところ欠点がひとつもありません。秀才型の天才で、研究も非常に良くしているし作戦を立てるのも上手い。藤井さんの戦い方を一言で言うなら、『肉を切らせて骨を断つ』でしょう。まずは相手に攻めさせてから、それを上回る致命的な手を指す。難局を切り抜ける術をしっかり身につけている」

 破竹の勢いで進む藤井三冠に、死角は見えない。

※週刊ポスト2021年10月1日号

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン