ライフ

マスク着用の健康への影響 虫歯、歯周病、うつ病のリスクへの懸念も

(写真/PIXTA)

不調の原因はマスクかも?(写真/PIXTA)

 新型コロナウイルスの予防接種が進んでも、感染者数はいまだ終息の兆しを見せない。「ワクチン接種後も換気と不織布マスクの着用を徹底すべし」というのが、おおかたの専門家の見立てだ。ウイルスの蔓延に伴い、当分は“ウィズ・マスク”生活が続くと予測されるが、命を守るためであるはずのこの行動が、知らず知らずのうちに体を蝕んでいる可能性がある。みらいクリニック院長の今井一彰さんが解説する。

「マスク着用時間の長期化により、心身に健康トラブルを抱える人が増えています。“マスクシンドローム”と総称されるその弊害は多岐にわたり、大きな問題となっています」

 *
 今井さんが最も懸念するのは、マスクによって鼻と口元が覆われた結果、口呼吸が増えること。

「鼻呼吸であれば、鼻の奥の粘膜に生えた線毛によって、空気中のウイルスや細菌の侵入はシャットアウトされますが、口呼吸ではこうした有害物質が侵入しやすくなり、感染リスクも上がります。また、口の中に頻繁に空気が入って乾いた状態が続くことで、殺菌作用を持ち口腔を清潔に保つ役割を果たす唾液が蒸発し、虫歯や歯周病にもなりやすくなります」(今井さん)

 そもそも、口は飲食に特化した器官であり、口呼吸が続くのはいわば体にとっては非常事態だ。

「口呼吸は取り込める酸素の量が少ない“浅い呼吸”になりがちです。その状態が継続すれば、脳や体に酸素が行き渡らなくなり、心身は常に緊張状態を強いられる。ストレスを感じやすくなり、うつ病リスクも上がります。実際に、普段から口呼吸をしている人は抑うつ度が高いという報告もあるほどです」(今井さん)

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号

マスクによる肌トラブルには保湿が何より重要(GettyImages)

マスクによる肌トラブルには保湿が何より重要(GettyImages)

教育現場でもマスクの影響への懸念は大きい(GettyImages)

教育現場でもマスクの影響への懸念は大きい(GettyImages)

ガムや昆布など、唾液が出やすい噛みごたえのあるものを積極的に食べるといい(GettyImages)

ガムや昆布など、唾液が出やすい噛みごたえのあるものを積極的に食べるといい(GettyImages)

関連記事

トピックス