スポーツ

稲見萌寧も海外に行ってしまう?女子ゴルフ新ランキング一本化の不安要素

稲見萌寧たちの主戦場は海外に?(Getty Images)

稲見萌寧の主戦場は海外に?(写真/Getty Images)

 女子ゴルフの国内ツアーが大きく変わりそうだ。長く「賞金ランキング50位以内なら翌年のシード権(出場資格)獲得」という仕組みが定着していたが、それが来シーズンにもなくなると報じられている。

「賞金ランキングには実力が正確に反映されないとの批判が根強くあった。たとえば『マスターズGCレディース』『アース・モンダミンカップ』などは国内メジャーより賞金が高い。是正するために“ポイント制”の『メルセデス・ランキング』が生まれ、昨年からシード権付与の基準として賞金ランキングと併用されている。ここからさらに、賞金ランキングによるシード権を廃止する方向なのです」(担当記者)

 メルセデス・ランキングは「国内メジャー優勝は400ポイント」「レギュラーツアーの4日間競技優勝は300ポイント」などと各大会の順位がポイント換算される。

「注目は年に5戦ある海外メジャー大会は優勝なら800ポイントといった具合に比重が高いこと。海外で活躍できる選手はより有利になる」(同前)

 たとえば、渋野日向子(22)は2020年12月の全米女子オープンで「4位」に入り、国内の4日間競技の「優勝」に匹敵するポイントを稼いだことでメルセデス・ランキング11位に浮上。この時点で日本ツアーの賞金ランキングは35位だった。

 そうなると、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧(22)ら国内ツアーを主戦場にしている選手が、どんどん海外に出て行ってしまう懸念はないのか。

「もともと国内志向の稲見は“30勝して永久シードを目指す(現在9勝)”と公言してきたし、東京五輪の銀メダルで5年シードを手にしたので当面はシード権争いとは無縁。ただ、海外メジャー挑戦を奨励する流れは明らかなので、ランキング1位を目指して海外メジャーや調整のためにその前後の大会に挑戦する機会も出てくるだろう。そこで日本を飛び出しての戦いの魅力に目覚める可能性はある」(ツアー関係者)

 制度変更の詳細はまだ発表されていないが、プロゴルファーの沼沢聖一氏はこう指摘する。

「ランキングが一本化されれば、海外進出が増えて日本の女子ゴルフのレベルは上がるだろうが、海外ツアーに参戦できるプロは限られるため、そこにも不公平は生じる。ある程度準備期間を設けるべきではないか」

 世界に羽ばたいてほしいが、国内の試合会場での活躍も見たい。ファンとしては複雑な制度変更かもしれない。

※週刊ポスト2021年10月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン