芸能

80年代ハリウッド映画総選挙 1位は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

eiga

言わずと知れた名作映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

 映画番組『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、昨年から「もう一度見たい映画」を視聴者から募集。その結果、放送されたのが1980年代ハリウッド映画の傑作の数々だった。それほどこの時代の映画はおもしろかったのだ。

「1970年代前半までは、監督が作りたい映画を追求する、いわば芸術作品が多かったのですが、『ジョーズ』(1975年)、『ロッキー』(1977年)などの大ヒット映画の登場で大資本が入るように。それにより1970年代後半から1980年代にかけては、ビジネス手腕に長けた人材が映画会社に加わり、映画の作り方が変わっていきました」(映画評論家・町山智浩さん)

 監督の意向よりも、観客が見たいものが重視され、市場ではマーケティングが実施された。その結果に基づいた作品が作られるようになると、観客も増え、巨額を投じた娯楽大作が多数生み出されるようになった。

「この時期は、映画と音楽が連動した“メディアミックス”も盛んになり、映画に使われた音楽やファッションも流行を牽引していきました」(町山さん)

 たとえば、レイ・パーカー・ジュニアによる『ゴーストバスターズ』(1984年)の主題歌は、アメリカはもちろん日本でもヒット。オリコン洋楽シングルチャートで6週連続第1位を記録した。1980年代ハリウッド映画はさまざまな流行を巻き込み、一大産業となったのだ。

ルーカスとスピルバーグがハリウッド映画界を牽引

 そんなハリウッド映画を牽引したのは、『スター・ウォーズ』シリーズ(1977年〜)を製作したジョージ・ルーカスと『E.T.』などの監督スティーヴン・スピルバーグだと、映画大好き芸人のこがけんさんは言う。

「それまでは、“子供だまし”と扱われることもあったSFというジャンルを確立させた立役者だったと思います。また、好景気に沸く1980年代は、夢や希望にあふれた作品が好まれましたが、一連のスピルバーグ作品に見られる、シリアスなシーンにギャグを入れこむスタイルは、時代の潮流に合っていたと思います」(こがけんさん)

 荒唐無稽な冒険活劇やSF、激しいアクション作品が多数受け入れられたのは、より刺激的なエンターテインメントが求められたからだろう。

「この時代の作品は、いま見ると残酷な描写や差別的な表現が意外と多いんです。しかし当時の観客には、それらを“ノリ”で笑い飛ばせる大らかさがあった。映画(フィクション)と現実を区別して楽しめる余裕は、好景気が土台にあったからこそと言えるでしょう」(こがけんさん)

 コロナ禍の鬱屈した雰囲気のいま、心の余裕はないかもしれない。しかし当時を思い出しながら改めて1980年代映画の世界に没頭すれば、ひとときの夢を楽しめるだろう。

 そこで女性セブンは読者1763人を対象に「80年代ハリウッド映画総選挙」として、好きな80年代の名作映画についてのアンケートを実施。その結果を1位から10位にまで紹介します。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン