国内

「先生には見えない」歌舞伎町“立ちんぼ”逮捕 女性教師の変貌ぶり

客を引いた女性が逮捕された(写真はイメージ)

客を引いた女性が逮捕、懲戒免職処分とされた(写真はイメージ)

 東京都内の区立小学校に勤務する女性教師(27)が、いわゆる“立ちんぼ”行為を繰り返していたとして、都教育委員会は9月14日に懲戒免職処分にしたと発表した。

 ことが発覚したのは昨年11月5日夕方。新宿・歌舞伎町の路上に女性教師はたたずんでいた。“立ちんぼ”スポットとしても知られるそのエリアは、コロナ禍のなかでも意味ありげな男女の人影が絶えなかったという。

「緊急事態宣言が発出されて繁華街が閑散とした時期でも、むしろ“立ちんぼ”は増えていた印象です。いつも見かける常連の女性だけでなく、明らかにコロナ禍で初めて立ってみたという感じで慣れない様子の女性も加わっていました」(歌舞伎町事情に詳しいライター)

 その日、大久保公園のすぐそばに立っていた女性教師は、客引きした男性が警視庁の私服警察官だったため売春防止法違反(客待ち・誘引)の疑いで現行犯逮捕された。

 警視庁担当記者が語る。

「女性教師は昨年10月から病気療養を理由に休職していました。今年1月に起訴猶予となり、都の教育委員会が処分について検討していたところで、2月24日に再び同じ容疑で現行犯逮捕されたんです」

 子供たちを教育する立場の女性教師が、わずかな期間で2度にわたって売春防止法違反容疑で逮捕されるという事態に学校関係者も困惑を隠せないようだ。

 都の教育庁がこう説明する。

「(売春行為を)昨年の2月頃にはじめて、3月から6月はコロナが怖いのでそういうことはまったく行なっていなかったということです。7月から(最初に逮捕された)11月までは『週に2~3回ペースでしていた』と話していますが、これまでどのくらいの回数になるかは『覚えていない』と説明しています。

 学生時代から、好きなミュージシャンのライブや、ファッションなどにお金を使って、カードの支払いが重なり借金が300万円に膨れあがっていたということです。本人は自分の考えの甘さから、犯罪行為を犯してお金を得るという大変なことをしてしまったと話しています」(人事部職員課)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン