芸能

藤岡弘、インタビュー 『仮面ライダー』主人公・本郷猛の「変身」と「変心」

藤岡弘、が当時を振り返る(撮影/内海裕之)

藤岡弘、が1972年当時を振り返る(撮影/内海裕之)

“国民的ヒーロー”の人気と影響力が大きくなるほど、演じる者の苦悩もまた、大きくなっていった──。『仮面ライダー』主演の藤岡弘、が当時を振り返り、“ヒーローのあり方”を語る。

 * * *
 1972年当時、僕は本郷猛の死に様ばかり考えていたんです。本郷猛の最期を、どう迎えるべきなのか。

 というのも、僕は役者として不器用なタイプ。心身ともに、その役になりきることでしか演じられず、その過程において演じる者の現在・過去・未来を考えてしまう。本郷猛の場合、現在と過去は放送回を重ねるごとに自然と明らかになっていった。じゃあ、その先の未来は──?

 そこで僕は、ある想いにたどり着きました。本郷猛は十分に、悪の組織・ショッカーと戦った。与えられた使命を果たしてきた。そんな本郷に残された戦いは自己犠牲を貫き、己の命を次の世代に繋いでいくようなものではないのか。その覚悟も固めていました。

 しかし、僕の想像は原作者の石ノ森章太郎先生の一言で木っ端微塵になった。

 あれは石ノ森先生が初めて監督を務めた『危うしライダー! イソギンジャガーの地獄罠』(1972年11月4日放送/第84話)のロケでした。撮影の合間に先生と千葉県・鴨川の砂浜を歩いていたとき、僕はさり気なく「仮面ライダーは、いつ死ぬのですか」と訊いたんです。そうしたら、先生がニコッと笑みを浮かべ、「死ぬ? 藤岡君、仮面ライダーは死んじゃダメなんだ。永遠に死なない」といわれて。

何があっても生き抜く覚悟

 ショックでした。“死なない”ということは、つまり“死ねない”と気づいたからです。本郷猛の正義を背負い、これからも永遠に戦い続けなければいけない。正直、それは死ぬことよりも辛いのではないか、と思いましたね。

 でも、先生の「仮面ライダーは永遠に死なない」の言葉を受け、自分なりに子供の夢と希望を奪い去らないためにも、やはりライダーは死んではいけない、そうでなければヒーローではないと解釈し、“死にゆく覚悟”から、何があっても“生き抜く覚悟”を胸に秘めるようになったんです。

 ありがたいことに、「3世代で仮面ライダーを観ています」など、今でもいろんな方々から声をかけていただきます。

 30代の男性は「父親に正義の意味がわからなければ、本郷猛の生き様を見よ、と教わりました。だから、自分の息子にも、本郷猛の戦いを見なさい、と一緒に仮面ライダーを観ています」といってくれてね。その父親の横に、5歳くらいの男の子がはにかむように立っていて「本郷さん、握手してください」って、おずおずと小さな手を差し出してくれたんですよ。僕はしゃがみ込み、小さな手をしっかり握り締めました。

 そのとき、ふと石ノ森先生の「仮面ライダーは永遠に死なない」の言葉が蘇り、改めて真意を理解することができましたよね。死ぬ覚悟より、ひたすら生き抜く覚悟のほうが尊く重たい歴史を紡げるものなんです。

 そういう心構えの積み重ねが結果的に『仮面ライダー』の放送開始50周年という偉業に繋がっているのではないでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン