国内

岸田文雄氏、新総理へ ワクチン、年金の議論はどうなるのか

(時事通信フォト)

新総裁に選ばれた岸田文雄氏(時事通信フォト)

 9月29日、自民党の新総裁に岸田文雄氏(64才)が選出された。順当にいけば、10月4日の臨時国会で第100代となる新総理大臣に指名される見通しだ。

「投開票日まで、岸田文雄さんと河野太郎さんがデッドヒートを繰り広げていて、誰が総裁になるかわからない接戦でした。ここまではいわば自民党内の身内の争い。ここからは、新総理として国民の審判を受ける立場になる。多くの難題が積み上がっており、早速、新総理の手腕が問われています」(政治部記者)

 喫緊の課題は新型コロナウイルス対策だが、大きな動きがありそうだ。新型コロナのまん延から約1年半、政府はウイルスの変異スピードについていけず、対応は後手後手。感染者が増えれば緊急事態宣言を発出し、延長と解除を繰り返した。国民からは、疲弊の声が上がっている。

 海外のように「ロックダウン(都市封鎖)」による抑え込みの必要性も聞こえてくるなか、菅義偉総理は「日本でロックダウンはなじまない」との認識を示してきた。緊急事態宣言下においても、国民への外出自粛や飲食店への時短営業、酒類の提供禁止などを要請するにとどまった。

 要請に従わない飲食店などに対する罰則を盛り込んだ特別措置法を公布したが、諸外国が実施したような「ロックダウン」にはほど遠い。岸田氏も海外型の「ロックダウン」には慎重派で、「日本型ロックダウン」を提案する。

「岸田氏は9月23日の討論会で、ワクチン接種証明などを活用した人流抑制を可能にする法整備も考えていきたいと発言しています。欧米のような徹底した規制にはならないかもしれませんが、外出禁止や営業停止などについて法改正が行われる可能性があります」(全国紙記者)

 政府によれば、総人口の58%が2回目のワクチン接種を終えている(9月28日現在)。接種率の高まりを受け、感染予防と同時に、より多くの国民を通常の生活に戻すべく行動管理が徹底される。

「2回の接種を終えた人に対して、スマホと連携したワクチンパスポートの発行が実施されるでしょう。飲食店や商業施設などでは、パスポートの提示が求められる。未接種者は、PCR検査や抗原検査などの陰性証明書の提示を義務づけられる。大量の検査キットを用意し、自身の感染の有無を確認しながら行動できる日常を目指すとされています」(前出・全国紙記者)

 来年には無料でいつでもどこでも検査が受けられるよう、PCR検査場が拡充されるという。新型コロナの感染初期に、口から投与できる治療薬の開発も進んでいる。早ければ年末から来年初めにも国内の医療機関で処方される可能性もある。補償にも動きがありそうだ。すでに実施されている事業者に対する助成金や補助金制度に加え、個人向け給付金の交付が検討されそうだ。さらに感染拡大で停止に追い込まれたGo To トラベルを、「Go To トラベル2.0」として再開するタイミングも見計らっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン