芸能

別居の長谷川京子 カフェで客が三度見した白Tシャツの胸元「40代で成長中」

美しさ際立つボディで現れた長谷川京子

美しさ際立つ“ボディ”で現れた長谷川京子(2021年9月)

 結婚13年目を迎えた長谷川京子(43才)とロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47才)が、別居生活を送っていることを女性セブンが報じた。近年、関係者の間では、長谷川の見た目の変化を指摘する声もあった。

 9月下旬、都内のカフェで熱心にスマートフォンとにらめっこする長谷川の姿があった。チェックのジャケットにスキニーパンツ、インナーには白い透け感のあるTシャツを合わせている。スラリと伸びた長い足も艶めかしいが、それよりも視線を集めるのは、高い位置をキープした彼女の胸元だ。

「スタイル抜群の女性がいるなと思ったら長谷川さんでした。タイトで胸元がザックリとしたTシャツを着られていたので、ふくよかな胸が目立っていました。ものすごくきれいな谷間で何度も見てしまい……彼女はテラス席に座っていたので、多くの視線を集めていましたよ」(居合わせた女性客)

 街中でも一際視線を集めていた長谷川の胸元だが、かつてはコンプレックスだったという。

「20代の頃、ファッションモデルの仕事がメインだった彼女は、大きな胸がコンプレックスだったと語っていたました。モデルはスレンダーな方が多い業界ですからね。でも、結婚、出産、育児を経て、再び自分の体を見つめ直した時に、この胸も含めて“自分の体を愛おしむ”と考えを変えたそうなんです。以降はご自身のインスタグラムなどでも、胸元が開いた露出度が高い服を着ることも増えました」(長谷川を知るスタイリスト)

 近年、長谷川は月に一度はバストサロンに通い、美バストをキープするためにケアを怠らないという。かつて自身のYouTubeチャンネルでも、こだわりのバストケアについてこう語っている。

〈(出産後に胸が)やっぱこう削げたりとか、あと横に流れたりとか。重力に負けたりとかやっぱしてきたんで。うーんなんか、抗う必要もない気もするけど、抗ってみようかなと思ってバストサロンに行って。で、バストサロンに行くと背中に胸の肉が流れるんだって。背中とかここらへんの(脇と背中の間を揉むしぐさ)肉をこうやってほぐして、はがして、前に持ってきてくれるの。で、それをブラジャーにちゃんと入れ込む、っていうのを1か月続けると胸が戻ってくるというか、柔らかい胸になって。

 元には戻んないよ、もちろん。20代の胸に。愛でてあげるとここまでになるんだ、って自分の体って。まずたぶんね、カップがあがると思うよ。カップが上がるとちょっと嬉しいじゃん〉

 かつてコンプレックスだった胸を今は受け入れ、愛しているという長谷川。その胸は努力の甲斐もあり、40代以降も美しく成長し続けているという。

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン