ビジネス

これが「日の丸半導体」の生きる道 圧倒的な世界シェアを誇る企業も

高機能材料や半導体製造装置の分野では世界を圧倒

高機能材料や半導体製造装置の分野では世界を圧倒

 あらゆる電子機器に必要な存在となっている「半導体」。50兆円規模にのぼる世界の半導体市場のトップ3はインテル(米国)、サムスン電子(韓国)、SKハイニックス(韓国)。世界ランクに入る日本の企業は、NAND型フラッシュメモリのキオクシアやイメージセンサーのソニーなど、数社に過ぎない。経済産業省も2030年には、世界市場における日本のシェアが0%になると危機感を募らせている。

 このように現在では半導体分野で存在感を出せないでいる印象の日本だが、シリコンウェーハ(シェア62.2%)やフォトレジスト(シェア84%)などの高機能材料や半導体製造装置の分野では世界を圧倒している。ここでは、高い世界シェアを持つ日本のメーカーを紹介しよう。

精密切断装置「ダイシングソー」で世界シェア70~80%
……精密加工装置メーカー ディスコ

日本は半導体製造装置などの分野ではトップシェア(写真提供/ディスコ)

日本は半導体製造装置などの分野ではトップシェア(写真提供/ディスコ)

 1937年の創業時から培ってきた砥石の技術を礎に、半導体製造工程の「切る」「削る」「磨く」各装置のシェアで世界一の座に位置する。回路の形成が完成したウェーハを切断し、チップ化する工程に用いるダイシングソー製品では、世界シェア70~80%を誇る。

 直径300ミリのシリコンウェーハ1枚から数百~数千個のIC/LSIチップを作ることができるが、同社は円盤状の極薄の砥石(ブレード)で一つひとつのチップに切り離す高度な技術で世界を席巻している。レーザーで切断する製品も開発。ウェーハを薄く削る研削装置や、ウェーハ研削後の微細ダメージを除去する研磨装置でも世界シェア60~70%を握る。

 
精密切断装置「ダイシングソー」(写真提供/ディスコ)

精密切断装置「ダイシングソー」(写真提供/ディスコ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン