芸能

『ごくせん』の脚本家が明かす秘話 名セリフに込められた「親への感謝」

ごくせん

『ごくせん』第2シリーズの最終回で、卒業式をボイコットしようとした生徒に向かい、ヤンクミは卒業式の意味を問いかける(イラスト/にゃむ子)

 2002年に第1シリーズが放送開始され、第3シリーズ(2008年)まで制作された人気学園ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)。仲間由紀恵(41才)が演じるヤンクミこと、山口久美子先生の言葉に胸を打たれた人も多いだろう。名セリフはどのように生まれたのか。脚本を手がけた江頭美智留さんに聞いた。

 学園ドラマと、それ以外のドラマでは、セリフまわしに違いがあるのだろうか──。江頭さんは、セリフに込めた思いを、次のように語る。

「通常のドラマの脚本は、ストレートな気持ちをセリフで伝えることはあまりなく、間や表情で表すことが多いんです。ですが『ごくせん』では、セリフで何でも伝えてしまおう思っていました。

 というのも学園ドラマは老若男女が見るものであり、そこには時代が変わっても普遍性がある。私は子供がいないので、『子供がいたら、こんなことを伝えたい』と思うことをすべてヤンクミに言ってもらいました」(江頭さん・以下同)

 江頭さんが特に力を入れたのは、親子関係の場面だ。

「『ごくせん』第1シリーズの1話後半で、ヤンキーの生徒がお金を投げるシーンがあるんです。そこでヤンクミは、『親が稼いだお金を投げるんじゃねえよ!』と喝を入れます。ここでは、自分ひとりで大きくなっているような気でいるけれど、親が必死になって働いて、育ててくれたからここまで大きくなったんだということを伝えたかった。

 それは、『ごくせん』第2シリーズの卒業式シーンでも描いています。『卒業式はお前らのものだけでなく、お前らを育てた親御さんのものでもある』というのが、ヤンクミのセリフです。

 それに、六本木のナンバーワンキャバクラ嬢が高校教師となって不良たちと対峙するドラマ『美咲ナンバーワン!!』(2011年・日本テレビ系)の脚本を書いたときも、『親への感謝の気持ちを忘れるな』ということをテーマにしました」

 こうしたテーマを選んだ理由の1つに、江頭さんの子供時代の経験がある。

「うちは母子家庭で、母は私と弟を育てるために必死に働いていました。でも、弟は母がいない寂しさからグレてしまい、たばこを吸ったり、悪さを働くこともあったんです。親は子供を守るために必死になっているのに、子供は寂しさからグレてしまう。そのすれ違いをドラマで表現したかった。

 どんな状況になっても親は子供の味方です。それがドラマを描く上で根底にあったこと。ヤンクミは、生徒に裏切られようが嘘をつかれようが、『お前らのことを信じる』と口にします。それは、きっと彼らは立ち直ると信じているから。人は間違えたり、失敗することもあるけれど、好きで道をそれるわけではない。それをきちんと理解して信じてくれる大人がいれば、人生、立ち直ることができると思うんです。ドラマで描かれるヤンキーたちが実際にいたら、怖くて、嫌です(笑い)。でも、ドラマは基本的に夢物語。現実は厳しくても、あんな先生がいてくれたらいいだろうなと、見てくれる人が感じてくれたらいい。それがストレートに伝わったからこそ、特に『ごくせん』はパート3まで制作されたのかな」

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年10月14日号

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン