国内

「コロナワクチン3回目より、インフルワクチンが効く」は本当なのか

国産ワクチンを現場の医師はどう受け止める?(イメージ)

3回接種よりインフルワクチンを優先するべき?(イメージ)

 新型コロナウイルスの第5波が急速に引いたと思いきや、目の前にはインフルエンザのハイシーズンが迫っている。「またワクチンか……」と悩む人も多いだろう。インフルを打つか、新型コロナの「3回目」を打つか、それが問題だ。

 関東地方に住む主婦A子さん(65才)に最近、自治体からインフルエンザワクチン接種のお知らせが届いた。だがA子さんは接種に乗り気ではないという。

「これからインフルエンザのシーズンですからね。とは言っても、新型コロナのワクチンの2回目接種を終えたばかりだし、そんなに短期間にいろんな種類のワクチンを打って体が大丈夫なのか心配です。それに新型コロナが蔓延してからインフルエンザは流行っていないので、打つ必要性もあまり感じません」

 インフルエンザは例年、国内で1000万人がかかるとされるが、国立感染症研究所によると、昨シーズン(2020年9月~2021年3月)のインフルエンザ受診者数の推計は全国で約1万4000人だった。ざっと1000分の1の規模まで減った。

 通常、インフルエンザの患者は9月頃から増え始める。コロナ前の2019~2020年シーズンは9月だけで約2万人が感染した。一方、昨シーズン同時期はたったの約20人で、今シーズンはさらに少ない4人しか報告がない。

 それゆえA子さんのようにわざわざインフルエンザのワクチンを接種することに二の足を踏む人が多い。

 さて、一方の新型コロナのワクチンは、2回目接種後に感染する「ブレークスルー感染」が増加し、世界各国で「3回目」の接種が進んでいる。すでにイスラエルやアメリカでは3回目接種が始まり、イギリスやフランスなども追随する構えで、日本も3回目接種を視野に入れている。

 3回目の効果について、イスラエル・アシュドッド大学病院のタル・ブロッシュ・ニシモフ医師はこう語る。

「実際に3回目を打った人の感染リスクは、2回だけの人(接種後6か月)に比べて4倍以上低く、入院や重症化のリスクは5~6倍低い」

 だが新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんは3回目の効果に疑問を投げかける。

「イスラエルでは確かに3回目を打ってから12~24日目までは新型コロナに感染する人が明らかに減っている。しかし24日目以降はデータを取っておらず、副作用の調査もしていない。それでは正確な効果は測定できません」

 3回目接種の効果が不安視される中、海外から驚くべき研究結果が飛び出した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン