芸能

「NHKの制約を演出に活用」オダギリジョーが切り開くドラマの可能性

警察犬オリバー役での出演は放送開始まで伏せられていた (c)NHK

警察犬オリバー役での出演は放送開始まで伏せられていた (c)NHK

 アクの強い登場人物たちと奇想天外なストーリーで話題になった連続ドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』(NHK総合)が、10月1日、全3回の放送を終えた。最終回から2週間近くが過ぎた今も、俳優のオダギリジョー(45)が脚本・演出・編集を手がけた本作には、“新たなドラマの可能性”を切り開いたとの呼び声が高い。

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』は、鑑識課警察犬係の主人公・青葉一平(池松壮亮)が、相棒の警察犬・オリバー(オダギリジョー)とともに、不可解な事件に挑んでいく物語。9月17日に第1回が放送されると、スタイリッシュな映像と個性あふれるキャラクターたちが繰り広げるコミカルな演技、またオダギリジョーが犬役で出演するという自由なアイデアも相まって大きな反響を呼んだ。

 キャストには麻生久美子や永山瑛太、永瀬正敏、佐藤浩市、松重豊、柄本明ら豪華俳優陣に加え、ミュージシャンの細野晴臣や鈴木慶一らも出演。それだけでも驚きだが、ドラマ内で多数の小ネタやさまざまな作品へのオマージュが散りばめられているなど、脚本・演出・編集も凝った作りとなっており、視聴者を飽きさせない内容に仕上がっていた。

 最終回では、登場人物たちが放送時間を気にするなどメタフィクション的な演出もありつつ、突然のラップバトルやダンス、無数の映像断片がフラッシュバックする編集など、きわめて自由度の高い構成で結末を迎えた。通常のサスペンスドラマは事件を解決することに醍醐味があるものの、そうしたストーリー展開にとらわれないユニークな内容だった。

 かねてオダギリジョーの活動を追いかけ、放送前に本人への取材も行った映画ライターのSYO氏は、今回のドラマを「彼のものづくりの結晶」と評価する。

「オダギリジョーさんは映画『さくらな人たち』や『ある船頭の話』、ドラマ『時効警察』のエピソード監督など、監督としても積極的に活動してきました。脚本・編集もご自身で行うスタイルをとっており、ファッションセンスにおいては言わずもがなです。彼ならではの“個性”がはっきりと出る形のものづくりを志向されてきました。その結晶といえるのが、今回のドラマであるように感じます。

 本作は“警察官と警察犬のコンビが、巷を騒がせる難事件を追う”というもの。しかしその中身は、単なるサスペンス&ミステリードラマに終わらず、メタ要素も絡んだコメディ、ミュージカル、さらには『私立探偵 濱マイク』等々へのオマージュ、『孤独のグルメ』へのパロディ要素も入れ込んだジャンルレスな内容です。カメラワークやカット割りも独特で、遊び心にあふれていました。最終回の意表を突いた展開は、視聴者の中で語り草になることでしょう」(SYO氏)

本作では脚本・演出・出演・編集までこなした(ABACA PRESS/時事通信フォト)

本作では脚本・演出・編集までこなした(ABACA PRESS/時事通信フォト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン