• TOP
  • 国内
  • 日大病院背任事件 繰り返される不祥事の背景に「割れ窓理論」

国内

2021.10.15 16:00  NEWSポストセブン

日大病院背任事件 繰り返される不祥事の背景に「割れ窓理論」

 

田中理事長の自宅も家宅捜索が行われた

田中理事長の自宅の家宅捜索が行われた(写真/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、日本大学医学部付属板橋病院の建設を巡る背任事件について。

 * * *
 日大でまた問題が起きた。いや、さらに大きな事件が起きた。それも前回と同じ人間が今回の事件に関与しているというのだから、日大は問題を起こした人物を放置してしまったのだろう。というと、どうもそうではないらしい。だが、一度処分したはずの者を返り咲かせ、犯罪の温床になっていたのは事実だ。

 日大の現職の理事で、日大事業部元取締役の井ノ口忠男容疑者が10月7日、東京地検特捜部に逮捕された。日本大学付属病院の建て替え工事を巡り、田中英寿理事長の最側近とされる井ノ口容疑者が大学から不正に流出させた金は2億2000万円。その金は井ノ口容疑者の指示で、共犯で逮捕された大阪の医療法人「錦秀会」の前理事長、藪本雅巳容疑者が出資する実体のないペーパー会社に送金された。そこから6000万円以上の金が井ノ口容疑者の関連会社に送られ、そのうち少なくとも2500万円が別会社を通じて井ノ口容疑者の手に渡ったということらしい。金銭授受について、田中理事長の自宅には2度の家宅捜索が入り、任意で事情聴取も行われている。

 ごつく怖そうな見た目の人間が3人も登場すると、「いかにも!?」という雰囲気がするものだ。それもそのうち2人は2018年5月、世間を騒がせたあの日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で批判を浴びた人物だったから、ますます強面のイメージが強くなってくる。

 田中理事長といえば悪質タックル問題の時、大学の理事長として世間やメディアから幾度となく会見を求められたのに、3か月経ってから声明を出しただけで、とうとう最後まで表に出てこなかった人物だ。その理由を「ただ笑い者にされて、利用されるだけ」と日大校友会で述べている映像がメディアに流出し、自己保身が強く誠実さに欠けるという印象を持った覚えがある。

関連記事

トピックス