スポーツ

復活Vの渋野日向子「ウェッジ4本のゴルフ」は米ツアーでも勝てるのか

渋野日向子の新スタイルはアメリカでも通用するか(Getty Images)

渋野日向子の新スタイルはアメリカでも通用するか(Getty Images)

 約2年ぶりの優勝というかたちで「スイング改造」が実を結んだ。10月10日に最終日を迎えたスタンレーレディスで首位と2打差でスタートした渋野日向子が、プレーオフの末に逆転優勝を果たした。東京五輪代表を逃すなどの不調からの復活劇となった。

 昨年オフから青木翔コーチのもとを離れ、石川遼のアドバイスでトップの位置を低くする新スイング改造に取り組み、ウェッジを4本(46度、52度、54度、58度)入れてのマネジメント重視のゴルフに転換したが、なかなか結果が出なかった。

「スイングを安定させるためにコンパクトにしたものの、飛距離が落ちてバーディーチャンスにつけられなくなっていた。徐々に新スイングが身についてドライバーの飛距離が戻り、4本のウェッジによるショートゲームが活きるようになってきた」(ゴルフ担当記者)

 渋野は来季の米ツアー参戦を目指して最終予選会に挑む予定で、優先出場権を手に入れられなくても下部ツアーから挑戦すると宣言している。

「石川遼が米下部ツアーの予選会に挑戦することに刺激された面もあるし、不調時に手のひら返しをした日本のマスコミを見返したい思いもあるのでは」(ツアー関係者)とされるが、米ツアーは女子もドライバーで300ヤード近く飛ばす選手がいる世界。マネジメント重視のゴルフで勝てるのか。プロゴルファーの沼沢聖一氏が解説する。

「まだ完成ではないでしょうが、スイング改造は成功だと思います。本人がインパクトしやすい形になっている。ただ、飛距離は米ツアーで通用しない水準でしょう。一方、パッティングは世界レベル。ウェッジを4本入れれば、プロなら1ヤード刻みで打ち分けられてパッティングの強みを活かしやすくなる。それで飛距離のハンデをどれだけ取り返せるかでしょう」

 米国でも“飛ばさなくても勝てます”を実現できるか。

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン