芸能

岩崎宏美『スタ誕』決戦大会で「お願いします」まで言えなかった思い出

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

 この10月で放送開始から50周年を迎えた伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系、1971~1983年)。1974年8月11日放送の第11回決戦大会で8社のスカウトを受け、1975年4月にデビューした岩崎宏美に、当時の思い出を聞いた。

 * * *
 歌手を志したのは『スター誕生!』から同い年の森昌子ちゃんがデビューしたのを観て、刺激を受けたことがきっかけでした。私はその頃、『スタ誕』の審査員をされていた松田トシ先生に歌を習っていたので、まず先生に相談したんですね。そうしたら「受けるのはいいけど、何を歌うの?」と。それで小林麻美さんの『初恋のメロディー』や小坂明子さんの『あなた』など、意中の歌を3曲ほど挙げましたら「あなたの声には小坂さんの歌が合うと思う」とおっしゃったので、『あなた』でエントリーしたわけです。

 予選会に参加したのは15歳、中学3年の時でした。運よくテレビ予選、決戦大会に進むことができましたが、印象に残っているのはテレビ予選の後に受けた美容レッスン。決戦大会は指導員の方に指定された衣装を着て、髪にはパーマをかけて出場しました。普段の私はアイビー系のカジュアルなファッションでしたから、真逆でしたね(笑)。

 決戦大会ではスカウトマンの方たちの間で動きが見えたので「もしかしたら歌手になれるかも」と。そう思ったら泣きそうになって、「どうぞよろしくお願いします」と言いたかったのに「どうぞよろしく」で言葉が切れてしまいました。8社のプラカードが上がった時の喜びは忘れられません。

 デビュー曲の『二重唱(デュエット)』は作詞が阿久悠先生で、作曲が筒美京平先生。筒美先生は『スタ誕』の審査員はされていませんでしたけれども、私は第11回決戦大会でグランドチャンピオンになれたので、外部作家にお願いすることができたと聞いています。

 デビューしてからの『スタ誕』は新曲をいち早くお披露目する番組となりましたが、そのために歌詞を間違えることもありました。阿久先生から「忙しいのはわかるが、NGを出すことを習慣にしてはいけないよ」と叱られた時はショックでしたが、どこかクラブ活動的な感覚だった私にプロの厳しさを教えてくださったのだと思います。

 振り返ると、私はいい時代にチャンスをいただけた。素人の想いを番組がちゃんと受け止めて、それぞれの個性を生かしながらプッシュしてくれたからこそ、46年も歌い続けてこられたのだと感謝しています。

【プロフィール】
岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/1958年生まれ、東京都出身。1975年のデビュー以来、『聖母たちのララバイ』などヒットを連発。10月20日にアルバム『筒美京平シングルズ&フェイバリッツ』をリリースする。

取材・文/濱口英樹

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン