芸能

岩崎宏美『スタ誕』決戦大会で「お願いします」まで言えなかった思い出

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

 この10月で放送開始から50周年を迎えた伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系、1971~1983年)。1974年8月11日放送の第11回決戦大会で8社のスカウトを受け、1975年4月にデビューした岩崎宏美に、当時の思い出を聞いた。

 * * *
 歌手を志したのは『スター誕生!』から同い年の森昌子ちゃんがデビューしたのを観て、刺激を受けたことがきっかけでした。私はその頃、『スタ誕』の審査員をされていた松田トシ先生に歌を習っていたので、まず先生に相談したんですね。そうしたら「受けるのはいいけど、何を歌うの?」と。それで小林麻美さんの『初恋のメロディー』や小坂明子さんの『あなた』など、意中の歌を3曲ほど挙げましたら「あなたの声には小坂さんの歌が合うと思う」とおっしゃったので、『あなた』でエントリーしたわけです。

 予選会に参加したのは15歳、中学3年の時でした。運よくテレビ予選、決戦大会に進むことができましたが、印象に残っているのはテレビ予選の後に受けた美容レッスン。決戦大会は指導員の方に指定された衣装を着て、髪にはパーマをかけて出場しました。普段の私はアイビー系のカジュアルなファッションでしたから、真逆でしたね(笑)。

 決戦大会ではスカウトマンの方たちの間で動きが見えたので「もしかしたら歌手になれるかも」と。そう思ったら泣きそうになって、「どうぞよろしくお願いします」と言いたかったのに「どうぞよろしく」で言葉が切れてしまいました。8社のプラカードが上がった時の喜びは忘れられません。

 デビュー曲の『二重唱(デュエット)』は作詞が阿久悠先生で、作曲が筒美京平先生。筒美先生は『スタ誕』の審査員はされていませんでしたけれども、私は第11回決戦大会でグランドチャンピオンになれたので、外部作家にお願いすることができたと聞いています。

 デビューしてからの『スタ誕』は新曲をいち早くお披露目する番組となりましたが、そのために歌詞を間違えることもありました。阿久先生から「忙しいのはわかるが、NGを出すことを習慣にしてはいけないよ」と叱られた時はショックでしたが、どこかクラブ活動的な感覚だった私にプロの厳しさを教えてくださったのだと思います。

 振り返ると、私はいい時代にチャンスをいただけた。素人の想いを番組がちゃんと受け止めて、それぞれの個性を生かしながらプッシュしてくれたからこそ、46年も歌い続けてこられたのだと感謝しています。

【プロフィール】
岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/1958年生まれ、東京都出身。1975年のデビュー以来、『聖母たちのララバイ』などヒットを連発。10月20日にアルバム『筒美京平シングルズ&フェイバリッツ』をリリースする。

取材・文/濱口英樹

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン