芸能

岩崎宏美『スタ誕』決戦大会で「お願いします」まで言えなかった思い出

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

岩崎宏美『スター誕生!』の思い出は?

 この10月で放送開始から50周年を迎えた伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系、1971~1983年)。1974年8月11日放送の第11回決戦大会で8社のスカウトを受け、1975年4月にデビューした岩崎宏美に、当時の思い出を聞いた。

 * * *
 歌手を志したのは『スター誕生!』から同い年の森昌子ちゃんがデビューしたのを観て、刺激を受けたことがきっかけでした。私はその頃、『スタ誕』の審査員をされていた松田トシ先生に歌を習っていたので、まず先生に相談したんですね。そうしたら「受けるのはいいけど、何を歌うの?」と。それで小林麻美さんの『初恋のメロディー』や小坂明子さんの『あなた』など、意中の歌を3曲ほど挙げましたら「あなたの声には小坂さんの歌が合うと思う」とおっしゃったので、『あなた』でエントリーしたわけです。

 予選会に参加したのは15歳、中学3年の時でした。運よくテレビ予選、決戦大会に進むことができましたが、印象に残っているのはテレビ予選の後に受けた美容レッスン。決戦大会は指導員の方に指定された衣装を着て、髪にはパーマをかけて出場しました。普段の私はアイビー系のカジュアルなファッションでしたから、真逆でしたね(笑)。

 決戦大会ではスカウトマンの方たちの間で動きが見えたので「もしかしたら歌手になれるかも」と。そう思ったら泣きそうになって、「どうぞよろしくお願いします」と言いたかったのに「どうぞよろしく」で言葉が切れてしまいました。8社のプラカードが上がった時の喜びは忘れられません。

 デビュー曲の『二重唱(デュエット)』は作詞が阿久悠先生で、作曲が筒美京平先生。筒美先生は『スタ誕』の審査員はされていませんでしたけれども、私は第11回決戦大会でグランドチャンピオンになれたので、外部作家にお願いすることができたと聞いています。

 デビューしてからの『スタ誕』は新曲をいち早くお披露目する番組となりましたが、そのために歌詞を間違えることもありました。阿久先生から「忙しいのはわかるが、NGを出すことを習慣にしてはいけないよ」と叱られた時はショックでしたが、どこかクラブ活動的な感覚だった私にプロの厳しさを教えてくださったのだと思います。

 振り返ると、私はいい時代にチャンスをいただけた。素人の想いを番組がちゃんと受け止めて、それぞれの個性を生かしながらプッシュしてくれたからこそ、46年も歌い続けてこられたのだと感謝しています。

【プロフィール】
岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/1958年生まれ、東京都出身。1975年のデビュー以来、『聖母たちのララバイ』などヒットを連発。10月20日にアルバム『筒美京平シングルズ&フェイバリッツ』をリリースする。

取材・文/濱口英樹

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス