スポーツ

今年もボディビル世界最高峰が決定 ビッグラミーは「王朝」築くか

ビッグラミーがオリンピア連覇。何連覇まで続くか!(写真はインスタより)

ビッグラミーがオリンピア連覇。何連覇まで続くか!(写真はインスタより)

 ボディビルディングの国際大会であり、その最高峰とされるミスター・オリンピア(Mr.Olympia)が10月10日、米フロリダ州オーランドで開催され“ビッグラミー”ことマムド・エルスビエイ選手(37)が優勝。2017年大会以来の連覇者登場となり、話題になっている。

 同大会は1965年に始まったプロコンテストであり、ボディビル界の最高峰。出場に必要なIFBB(国際ボディビルディング連盟)のプロ登録が獲得できた日本人も過去数人という狭き門。入賞者は、腕周り60cmに到達したり肉厚のシルエットなのに細部まで絞り込まれた筋肉をしていたりする、「モンスター」たちだ。今回優勝したビッグラミーも「体重約130kg、バルク(筋肉の厚さ)たっぷりのデカさが目を引き、それでいて大腿四頭筋などの深いカット(筋肉の境目の堀り)も圧倒的で、強かった」(ボディビル業界を取材しているライター)という。

 ビッグラミー選手が注目されているのは久しぶりの連覇者となったからだ。同大会では、過去には8連覇した怪物・ロニー・コールマン選手(57)や、6連覇しハリウッドスターにもなったアーノルド・シュワルツェネッガー(74)など、長年にわたり優勝を重ねて「王朝」を築き人気となった選手も多かった。4年も連覇者が出なかったのは1980年代はじめ以来のことだった。

「他を寄せ付けないで優勝を重ねる『安定感』を楽しむファンも多いのがボディビルの特徴で、8連覇のロニー選手は、ボディビルファンの間では同選手のトレーニング時の掛け声まで流行ったほどでした。アーノルド・シュワルツェネッガーも世界にボディビル人気を広めるほどの影響力がありました。ミスター・オリンピア連覇者こそ、ボディビル界を盛り上げることができるのです」(同前)

 ちなみに、ロニー選手の最後の優勝は41歳時(2005年)、シュワルツェネッガーも33歳時(1980年)、最近の7連覇目(フィル・ヒース選手が2017年に達成)も37歳時で、「長年磨かれ続けた筋肉」が見られるのも同大会の醍醐味だ。

 長く存続する王朝になるか、注目される。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン