ライフ

美容のプロ激推しのドラコス! クリーム、シートマスク、BBクリームなど20選

cosme

『アベンヌ シカルファットプラス リペアクリーム 』(写真/ピエール ファーブル ジャポン提供)

 価格がお手頃なのに、“使える”ドラッグストアコスメは、美容のプロたちも愛用中です。どんなコスメがおすすめなのか? 美の専門家たちに「クリーム」「シートマスク」「オールインワン」「BBクリーム」「ファンデーション」「UVケア」部門で優秀なドラッグストアコスメを教えてもらいました。

【教えてくれた人】
・植村朗子さん/美容コメンテーター。気になる化粧品はすべて自分の肌で試す、説得力のあるリアルなコメントが人気。「価格以上のものが気軽に試せる点が気に入っています」。

・尾花ケイコさん/ヘア&メイクアップアーティスト。『PINKSSION』主宰。細部に美意識が光るメイクが好評で著書も多数。「ドラッグストアコスメはコスパがよく、実力派もたくさんあります」。

・小林ひろ美さん/美容家。『美・ファイン研究所』主宰。豊富な美容知識と効果絶大なメソッドが人気。「惜しみなく使いたいものはドラッグストアコスメをチョイス」。

・輝・ナディアさん/ヘア&メイクアップアーティスト。『Three PEACE』所属。「#ナディアメイク」を自身のInstagramで発信中。「使い続けやすい価格、いつでも買いに行ける身近さが魅力的!」。

・山崎多賀子さん/美容ジャーナリスト。スキンケアから健康医療まで幅広い取材に定評がある。「売り場を見ればトレンドがわかるので、ドラッグストアの偵察は欠かしません」。

・山本浩未さん/ヘア&メイクアップアーティスト。本誌連載『新メイクのメ』でもおなじみ。ポジティブになる美容理論が好評。「マスカラ、アイブロウなどの“棒もの”がおすすめです!」。

 コメントは「植=植村朗子さん」「尾=尾花ケイコさん」「輝= 輝・ナディアさん 」「小=小林ひろ美さん」「多=山崎多賀子さん」「浩=山本浩未さん」

■クリーム

『アベンヌ シカルファットプラス リペアクリーム 』 101g 3520円(編集部調べ)※ツルハグループ限定/ピエール ファーブル ジャポン
・ぴたっと密着して荒れた肌をリペア
 赤ちゃんから大人まで安心して使えるクリーム。注目のシカ成分配合で乾燥して硬くゴワついた肌を柔らかく解きほぐしてくれます。全身に使えるので、手の平で温めてから、乾燥が気になる部分にこまめに塗っています。(小)

『雪肌精 シュープレム おしろいマスククリーム』【医薬部外品】40g 5500円(編集部調べ)/コーセー

cosme

『雪肌精 シュープレム おしろいマスククリーム』(写真/コーセー提供)

・肌をパッと明るく整える
 美白と保湿をこれ1つで。肌がワントーン明るくなるので、メイク前やオンラインで顔色を明るく見せたいときに使います。おしろい効果で、たっぷり塗ると美白マスクに。(多)

『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』【医薬部外品】40g 2530円(編集部調べ)/花王

cosme

『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』(写真/花王提供)

・乾いて敏感になった肌にも心地よく使える
 セラミド機能成分や消炎剤を配合し、低刺激でも角層まで深く潤う。ふわっと軽い使い心地で、たっぷり塗ってもベタつかないのも◎。(輝)

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン