• TOP
  • 芸能
  • 『日本沈没』ほか超多忙 香川照之が今一番力を入れている「社長業」

芸能

2021.10.24 19:00  NEWSポストセブン

『日本沈没』ほか超多忙 香川照之が今一番力を入れている「社長業」

最近、香川照之が社長業に尽力している

最近、香川照之が社長業に尽力している

 俳優で歌舞伎役者の香川照之(55)が多忙を極めている。10月10日に放送がスタートした日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)では、「日本が沈没する」と警鐘を鳴らす地震学者・田所雄介博士役の“怪演”に注目が集まり、今年12月には出演していたドラマ『99.9―刑事専門弁護士』(TBS系)の映画化も控えている。CMでは大手自動車メーカーや火災保険、住宅メーカーなどから引っ張りだこで、10月から朝の情報番組『THE TIME,』(TBS系)で司会者としてもデビューした。

 そんな多忙な彼が中でもとくに注力していることが、実父の二代目市川猿翁とともに、猿翁の弟子たちが所属する「株式会社キノシ・オフィス」の社長としての仕事だ。7月31日~8月1日にかけて東京・池袋で行なわれた歌舞伎俳優・市川弘太郎(38)の自主公演の際に、香川が社長業に邁進する姿が目撃されている。梨園関係者が語る。
 
「弘太郎さんは、二代目市川猿翁の部屋子です。自主公演は初めてであることに加え、中村七之助(38)や、香川照之の息子である市川團子(17)ら人気役者が出演するため、チケットは争奪戦となり即日完売しました。

 当日は、市川中車さん(香川の歌舞伎役者名)も現場に来て『スタッフ』の札を下げながら裏方対応をしていました。その日は関西のテレビで弘太郎さんの密着番組を撮影していたのですが、記者会見の仕切りをしたり、スタッフさんへの対応もすべて中車さんがされていたそうで、『あれだけの有名人がこんな地味な仕事を……』と居合わせた観客も驚いていたそうです」

 香川が“裏方”としてもここまで熱心に活動するには訳がある。前出・梨園関係者が続ける。

「実は、中車さんがここまで仕事を詰め込むのは、コロナ禍で収入が厳しくなった先代(猿翁)のお弟子さんたちの収入を確保するためだとも聞いています」

関連記事

トピックス