• TOP
  • ライフ
  • コロナ感染で結膜炎を発症する可能性 目の充血で感染が発覚する例も

ライフ

2021.10.25 16:00  女性セブン

コロナ感染で結膜炎を発症する可能性 目の充血で感染が発覚する例も

目の病気

子供のうちから定期的に眼科を受診することが大切

 体の器官の中でも我々が最も酷使し、重要性も高いのが「目」。不調を自覚しやすいこともあり、違和感が生じても加齢や疲れだと軽く見くびってしまう傾向も強い。

 1人1台、スマートフォンを持つことが当たり前になった昨今、ドライアイに悩む人も増加傾向にある。あまりにも目の乾きが続くなら、膠原病のシグナルかもしれない。道玄坂加藤眼科院長の加藤卓次さんはいう。

「膠原病とは、全身の血管や関節などに炎症が見られる病気の総称で、有名なのはリウマチです。その膠原病のなかでも、ドライアイが強く出る代表的な症状がシェーグレン症候群と呼ばれます。原因不明の病気ですが、眼科を受診したことで早期発見ができたこともあります」(加藤さん・以下同)

 このように、早めに眼科を受診することは、あらゆる病気のリスクを察知することにつながる。しかし、眼科でも治療できない目の異常が存在する。8〜10才くらいの子供の視力低下は、心因性の視力障害の可能性がある。

「近視や遠視ならメガネをかければ視力が上がりますが、メガネをかけても見えないままで、眼球や視神経にも異常がないことがあります。そんなときは心因性視力障害を疑いますが、とても些細なことが原因だったり、本人にストレスの自覚がないことさえある。多くの場合、1〜2年ほどで自然に治ります」

 親子のコミュニケーションに不足を感じるなら、積極的なスキンシップが有効だ。そして、いまは特に、目の充血を甘く見てはいけない。眼科医の間では新型コロナウイルス感染によって結膜炎が起きることは常識であり、日本眼科学会も新型コロナは口や鼻だけでなく、目からも感染するリスクを警告している。

「熱もなく、目の充血によって新型コロナに感染していることが発覚する患者もいます。ただの結膜炎だと油断せず、目が充血したら、その後、発熱がないかなどチェックしてください。

 最近はリモートワークが増えて、いままで以上に目が疲れている人が多いですが、目を休めてほしい。目を健康にしたことでほかの病気を直接的に防ぐのは難しいですが、健康なはずの目に異変が起こったら、それは重大な病気のサインかもしれません」

 半日以上かかる人間ドックを毎年受けるのは大変だが、眼科の受診だけなら費用も安い。少なくとも1年に1回は眼科へ検診を受けに行こう。

※女性セブン2021年11月4日号

関連記事

トピックス