• TOP
  • スポーツ
  • 打撃の神様・川上哲治さん ゴルフのラウンド中だけは普通の人間だった

スポーツ

2021.10.26 19:00  週刊ポスト

打撃の神様・川上哲治さん ゴルフのラウンド中だけは普通の人間だった

ゴルフでしか見られなかった姿も(時事通信フォト)

ゴルフでしか見られなかった姿も(時事通信フォト)

 いつの時代も多くの人々に愛されているゴルフ。プロ野球選手にもゴルフ愛好者は多い。プロ野球史上初の2000本安打を達成し、“打撃の神様”と呼ばれた川上哲治さん。引退後は巨人監督として空前のV9を成し遂げた。左投げ左打ちの川上は全国各地の“左利きゴルファー”が集う日本レフティゴルフ協会の初代会長でもあったが、同協会の4代目会長を務めた脇勉氏は、ゴルフを通じてその意外な素顔を目にしていた。脇氏が述懐する。

 * * *
 私が川上さんと知り合ったのは40年以上前のことで、すでに巨人軍の監督を退任され、全国で講演活動をされていました。“レフティの会”は関西発祥ですが、その後、全国各地で同様の団体が活動を始め、それなら組織を統合しようということで、1994年に川上さんに初代会長をお願いして、快く引き受けていただきました。まだ、左利きのゴルファーが奇異の目で見られていた時代で、全国組織として活動したほうがいいという考えに賛同していただきました。

 川上さんのゴルフは負けず嫌いそのものでしたね。スコアで負けたほうがラウンド後にグラスワインを1杯ご馳走する約束になっていましたが、どんな小さな勝負でも勝ちたいという姿勢が伝わってきた。もちろん遊びの楽しいゴルフなのですが、ラウンド中もどっちが勝っているのかと常に途中経過を確認されていましたね。

 親睦会のコンペなどで何がなんでも優勝を狙うといったことはなかったので、私や国松彰さん(元巨人、日本レフティゴルフ協会2代目会長)との“個人の勝負”には負けたくなかったのだと思います。80歳を超えてからもずっと、闘志を燃やしておられました。

 コンパクトなテークバックからパチンと打っていくゴルフ。もちろん飛ぶほうでしたが、野球で言えば中距離バッターの印象で、豪快にぶっ飛ばすゴルフではなかったですね。ただ、アプローチやパターは正確というか、いい加減に打つということは絶対になかった。

〈巨人監督時代は徹底した情報管理から“哲のカーテン”と呼ばれ、厳格な野球人としての印象が強い川上だが、「ゴルフ中は少し違った表情も見せていました」と脇氏は続ける〉

関連記事

トピックス