スポーツ

打撃の神様・川上哲治さん ゴルフのラウンド中だけは普通の人間だった

ゴルフでしか見られなかった姿も(時事通信フォト)

ゴルフでしか見られなかった姿も(時事通信フォト)

 いつの時代も多くの人々に愛されているゴルフ。プロ野球選手にもゴルフ愛好者は多い。プロ野球史上初の2000本安打を達成し、“打撃の神様”と呼ばれた川上哲治さん。引退後は巨人監督として空前のV9を成し遂げた。左投げ左打ちの川上は全国各地の“左利きゴルファー”が集う日本レフティゴルフ協会の初代会長でもあったが、同協会の4代目会長を務めた脇勉氏は、ゴルフを通じてその意外な素顔を目にしていた。脇氏が述懐する。

 * * *
 私が川上さんと知り合ったのは40年以上前のことで、すでに巨人軍の監督を退任され、全国で講演活動をされていました。“レフティの会”は関西発祥ですが、その後、全国各地で同様の団体が活動を始め、それなら組織を統合しようということで、1994年に川上さんに初代会長をお願いして、快く引き受けていただきました。まだ、左利きのゴルファーが奇異の目で見られていた時代で、全国組織として活動したほうがいいという考えに賛同していただきました。

 川上さんのゴルフは負けず嫌いそのものでしたね。スコアで負けたほうがラウンド後にグラスワインを1杯ご馳走する約束になっていましたが、どんな小さな勝負でも勝ちたいという姿勢が伝わってきた。もちろん遊びの楽しいゴルフなのですが、ラウンド中もどっちが勝っているのかと常に途中経過を確認されていましたね。

 親睦会のコンペなどで何がなんでも優勝を狙うといったことはなかったので、私や国松彰さん(元巨人、日本レフティゴルフ協会2代目会長)との“個人の勝負”には負けたくなかったのだと思います。80歳を超えてからもずっと、闘志を燃やしておられました。

 コンパクトなテークバックからパチンと打っていくゴルフ。もちろん飛ぶほうでしたが、野球で言えば中距離バッターの印象で、豪快にぶっ飛ばすゴルフではなかったですね。ただ、アプローチやパターは正確というか、いい加減に打つということは絶対になかった。

〈巨人監督時代は徹底した情報管理から“哲のカーテン”と呼ばれ、厳格な野球人としての印象が強い川上だが、「ゴルフ中は少し違った表情も見せていました」と脇氏は続ける〉

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン