芸能

日本では無名、世界は大注目 「新しい学校のリーダーズ」の魅力

学生服姿の女性4人組「新しい学校のリーダーズ」(提供写真)

学生服姿の女性4人組「新しい学校のリーダーズ」(提供写真)

 TikTokのフォロワー数320万人を誇るダンス&ヴォーカルパフォーマンスグループ「新しい学校のリーダーズ」が、9月からスタートさせたライヴツアー「無名ですけど東名阪福ワンマン〜アイツの弱点パイナポー!〜」の最終公演を10月16日に終えた。日本のお茶の間ではまだ“無名”に近いが、実は世界から大注目されている存在なのだ。なぜ彼女たちは、多くのファンを魅了するのか。

 2015年に結成された新しい学校のリーダーズは、MIZYU(22)、RIN(20)、SUZUKA(19)、KANON(19)の4人からなるグループ。セーラー服の衣装をトレードマークに、歌やダンスを中心としたパフォーマンスを行なっている集団だ。結成当初はCMやMVで音源を発表していたが、2017年に1stシングル「毒花」でメジャー・デビューを果たしている。

 これまでに『マエナラワナイ』(2018年)と『若気ガイタル』(2019年)の計2枚のアルバムをリリースしており、楽曲はPE’Zや東京事変での活動でも知られるピアニスト、H ZETT Mがプロデュース。軽快なダンス・チューンやメロディアスなポップ・ソングから昭和歌謡を現代的にアップデートしたジャジーな楽曲まで、バラエティ豊かな音楽性がライトなリスナーもコアな音楽ファンも虜にしている。

 2021年1月にはアジアのカルチャーを発信しているアメリカのレーベル88risingと契約を結び、ATARASHII GAKKO!名義でシングル「NAINAINAI」を発表。3月にはインドネシア・ジャカルタのラッパーであるウォーレン・ヒューをフィーチャーした「FREAKS」、9月にはビースティー・ボーイズやベックのコラボレーターとしても知られるキーボーディスト、マニー・マークがプロデュースを手掛けた「Pineapple Kryptonite」を発表するなど、精力的に活動を続けている。

 すなわち、お茶の間では“無名”かもしれないが、着実にキャリアを積み、世界を視野に入れたスケールの大きな活動を行なっているのである。そう考えると、好評のうちに終えたライヴツアー「無名ですけど東名阪福ワンマン〜アイツの弱点パイナポー!〜」のタイトルの意味合いも変わってくるだろう。世界デビュー直前の彼女たちにインタビューを行ったライターの中村裕一氏はこのように説明する。

「今回のツアー名につけた“無名ですけど”はあくまでも謙遜。彼女たちが所属する事務所はきゃりーぱみゅぱみゅが籍を置くアソビシステム、所属レーベルはアジアのカルチャーを世界に発信する88risingと、その動向は常に世界に向けて発信されるので、無名どころか唯一無二の存在です。そもそも目指している方向とスケールが違います。その証拠に彼女たちのツイッターには世界中からコメントが寄せられており、そのワールドワイドな人気を物語っています」(中村氏)

パワフルなステージが話題(提供写真)

パワフルなステージが話題(提供写真)

関連記事

トピックス