ライフ

諸説ある「UFOの正体」宇宙人の乗り物か? 軍の秘密兵器か?

研究開発中の兵器の存在を隠すため?(Getty Images)

研究開発中の兵器の存在を隠すため?(Getty Images)

 UFO(未確認飛行物体)が「空飛ぶ円盤」と名付けられたのは1947年に米・ワシントン州上空に9機の奇妙な物体が現れたとされる「ケネス・アーノルド事件」がきっかけだという。それから70年余り、UFOは多くの人々の知的好奇心と未知なるものへのロマンをかき立ててきた。

 しかし、UFOの正体が何であるかについては、明確な答えは出ておらず、諸説飛び交う状態だ。そのなかでも根強く支持されているのが「エイリアン・クラフト(宇宙人の乗り物)」説だ。

 近著に『宇宙人革命』(青林堂)がある科学問題研究家、竹本良氏が語る。

「目撃者の証言だけでなく、各国政府の公文書に残された記録、写真やムービーなど、エイリアン・クラフト説を裏付ける状況証拠の多さは他説を圧倒しています。

 情報は玉石混交ですが、まったく異なる時代、場所で起きた事件が“点と線”で結ばれひとつのストーリーになることも珍しくありません。事件の検証に乗り出した科学者が、消去法で『エイリアン・クラフト以外、考えられない』と結論付けるケースもあります」

 その昔、宇宙人と言えば“タコ型”が主流だったが、

「カナダの元国防相、ポール・ヘリヤー氏は各国メディアの取材に『すでに4種類の宇宙人が地球に訪れている』と語っています。また彼は、2013年に米国で開かれたUFO問題の公聴会にも出席。国防相時代のさまざまな事件に触れ、『米政府は情報を隠蔽している』と暴露しました。彼のように名誉も立場もある人が、デタラメを言うとは考えにくい」(竹本氏)

 第二次世界大戦中のドイツ製「円盤型実験機」などを引き合いに、「秘密兵器」説を支持する人も少なくない。前述の「エイリアン・クラフト」説支持派にも、「米軍は異星人から供与されたテクノロジーを利用し、すでに“地球製UFO”(秘密兵器)を完成させている」という声がある。

 一方で、米軍の先端兵器をUFOと見間違えるケースも多いようだ。軍事ジャーナリストの指摘。

「UFOの目撃多発地帯、米・ネバダ州の『エリア51』では、古くからステルス機や高高度偵察機の試験飛行が行なわれてきました。敷地に近付き『軍の関係者やジープに威嚇された』というUFOマニアがいますが、軍の施設なのだから当然。宇宙人とは無関係です(笑)。1980年代に登場した全翼の戦略爆撃機B-2も、その異様な形状からUFOに間違えられることがあったそうです」

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン