芸能

離婚発表の長谷川京子 色気が増していた「白Tシャツ」別居ライフ姿

妻である長谷川京子はこれほどの美しさなのに

離婚が発表された長谷川京子。美しさは健在(今年9月)

 ロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47)と女優の長谷川京子(43)が10月29日、所属事務所を通じて離婚を発表した。発表文は2人の連名で、「日々積み重ねる時間の中で、少しずつお互いの生活スタイルや価値観の違いから、新たな家族のあり方を考えるようになりました。数年前から話し合い、1年間の別居生活を経て熟考を重ねた結果、お互いがより良い人生を歩めるようにこの決断に至りました」とコメント。女性セブンは、9月末に2人の別居の様子をキャッチしていた。

 2人の間には12才の長男と8才の長女がいるが、長谷川は自宅を出てマンションで一人暮らしを始めていたのだ。

「ママ、またね!」

 9月の日曜日、秋らしい高い空の下、小学生の少女が力強く手を振る先にいたのは、にっこりと微笑み、母の顔を見せる長谷川。ホワイトのTシャツにブルーのミニスカート、淡いブルーのストールというシンプルなコーディネートで、ミニからスラリと伸びる脚が変わらぬスタイルのよさを物語っていた。

 この日、娘とともに知人宅を訪問した長谷川。用事を終えた母娘は連れ立って帰宅するかと思いきや、長女は冒頭のように母に別れを告げて、父と兄が待つ自宅に帰っていった。一方、ひとりになった長谷川が向かったのは、都内の高級マンションだった。日曜日の夜に、夫と子供たちが待つ自宅とは別の場所に向かった長谷川。翌日も彼女はここから外出し、このマンションに帰ってきた──。

 長谷川に“異変”があったのは、今年の春頃だった。長谷川を知るファッション誌編集者が「そういえば……」と振り返る。

「長谷川さんが撮影の休憩時間、知り合いに『都心にいいマンションはないかな』と聞いていたんです。1か月ほどかけて、いろいろな部屋をひとりで内見していたようです」

 忙しい時間の合間を縫って物件を精力的に回り、最終的に決めたのが、冒頭の彼女がひとりで帰宅した高級マンションだった。

 長谷川が積極的に活動している一方で、夫の新藤のバンド、ポルノグラフィティはこの2年間、実質活動休止状態にあった。

「2019年に20周年コンサートを東京ドームで行ってからソロの制作活動に入り、バンドとしての活動はありませんでした」(音楽関係者)

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン