ライフ

【書評】日本の「今」と通底する地球の裏側の70年以上前の歴史

『灼熱』著・葉真中顕

『灼熱』著・葉真中顕

【書評】『灼熱』/葉真中顕・著/新潮社/2860円
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 ブラジルの終戦直後の新聞をwebで閲覧していて、戦後全米が空飛ぶ円盤に襲われたという奇妙な記事を見つけ、それは「勝ち組」が風船爆弾を暗喩するものでおもしろいなとSNSに書いたら、「勝ち組」とはブラジル富裕層ですかと質問が返ってきたことがあった。

 戦時下、日本からの情報が遮断されていた日系移民にしてみれば「敗戦」は寝耳に水で、そこに捏造や願望に満ちたフェイクニュースが口コミから新聞までを覆った結果、「負け」を事実とする「認識派」と呼ばれた人たちへのテロが始まり、双方に多数の死者を出す。この事件が気になったのは、たった今、この国のwebで繰り広げられる陰謀説やフェイクニュースを伴っての「反日」「親日」の語られかたとひどく似ているからだ。

「勝ち組」記事は焦土と化したのは偽装として建造された偽東京であるとか沖縄戦で敵戦力を無力化する兵器が使用されたとかあまりに荒唐無稽だが「日本勝利」が代替現実と化した状況下では常識がいかに脆いかは、近頃仄聞する、親や配偶者が突然陰謀論者になってしまったという笑えない事態から、北米の政治を動かしかけたQアノンまで実は遠い出来事ではない。

 そこには「分断」という言葉以上に「勝ち」「負け」が唯一の規範になった新自由主義的な世界の侵食がグローバルな水位である一方で、「日本」という地域に限定すればもはや先進国の座がおぼつかなくなった現実と中国の台頭に対する認め難い「負け」意識が「勝ち組」言説に似た「反日」やそれに絡みつく陰謀説によって「もう一つの日本」をオンライン上に出現させてもいる。

 このように忘却された地球の裏側の七十年以上前の歴史が思いがけなく「今」と通底している。本書はフィクションだが、註を見る限りwebも含め丁寧に資料を漁っており、「今」を客体化する手立てが中々見つかり難い中で、「勝ち負け抗争」やその言説から照射するという歴史から今を見る入門書としてまず最初に読まれていいと思う。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン