芸能

沖田臥竜×木下ほうかドラマ『ムショぼけ』対談「映像が言葉を超えた」

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』原作者の沖田臥竜さんと語り合った

木下ほうか(右)がドラマ『ムショぼけ』タイトルのロゴをあしらったオリジナルキャップは木下から沖田さんへのプレゼント

「ヤクザの組織の中では、『ヤクザは24時間ずっとヤクザやから、気を抜いたらあかん』とよく言われます。家に帰っても気を張れ、緊張感を持て、ということですが、実際には、家に帰れば子供や孫をこれでもかとかわいがったり、奥さんに怒られたりする。恋愛だってします。それが人間なんですよね。

 角度を変えたら見えてくるリアルは、ヒューマンドラマだったり、コメディーだったりする。この作品では、そこを突きたかった」

 ムショぼけ──一般の人にはおおよそなじみのない言葉だが、妖しげでシリアスであると同時に、どこかコミカルな響きも併せ持つ。9月上旬発売の小説『ムショぼけ』(小学館文庫)の著者・沖田臥竜さん(45才)はそう語る。

 同作は10月スタートの連続ドラマ(ABCテレビ・日曜23時55分~、テレビ神奈川・火曜23時~)にもなり、関西地区から火が付き、全国に大きな反響を広げている。

「ムショぼけ」とは長い刑務所暮らしで、日常生活のリズムや常識を忘れてしまった精神状態を表すという。医学的には「拘禁反応」と呼ばれる。

 ドラマに、主人公の元兄貴分役で出演する木下ほうか(57才)が語る。

「一言でいえば、原作が“ええところに目をつけられたな”ということです。ムショぼけという言葉はシリアスな雰囲気やけど、小説やドラマを見ると、ガラッとイメージが変わる。“ああ、そういうことやったんや”といい意味で裏切られる作品ですね。意外性からくる高ぶりで、本当に多方面から“いい作品だね”と反響があります」

沖田「普通の人は遊びたいのをがまんして、親の言いつけを守って、夕方に帰って勉強して、大人になってきた。それなのに親や社会に歯向かってヤクザになって、40過ぎて“ヤクザやめます、真面目になります”と言っても、世間が厳しいのは当たり前です。そんなに甘くない。

 だけど、本作品の主人公の元ヤクザの陣内が、それに気づいて一生懸命に生きようとする姿が、頑張れば頑張るほど、滑稽であったり、ロマンがあったりする。まっすぐに悪戦苦闘するから、周囲の人間も最低限は助けてやろうか、となる。それが人間ドラマになるんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン