芸能

田中みな実に続き鷲見玲奈も 女子アナはなぜ「悪女役」がハマるのか

「ドクターX」病気を機に主役の座を奪おうとする悪女役を演じたのが鷲見玲奈

「ドクターX」で病気を機に主役の座を奪おうとする悪女役を演じたのが鷲見玲奈(写真は今年5月)

 フリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)が、11月4日に放送された米倉涼子(46)主演「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第4話にゲスト出演。甲状腺がんに冒された人気ミュージカル女優(凰稀かなめ)のライバルで、病気を機に主役の座を奪おうとする悪女役を演じた。

 キャスティング発表当初は「『ドクターX』の世界観に合わないのでは」と否定的な声もあったが、放送後はネット上で「鷲見さんこわいー」「鷲見ちゃん、悪女すぎて好き」「この役ぴったりだし 上手い」と評価する声が相次いだ。芸能ライターは、「彼女には悪女女優としての資質がある」と見る。

「鷲見さんの演技にはまだぎこちない部分もありましたが、大女優の病気をメディアにリークして追い打ちを図ったり、ドヤ顔で主役を誇ったりする場面には妙なリアリティーを感じました。同じくフリーアナウンサーの田中みな実さん(34)も『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)でヒロインをいじめ抜く役を演じ話題を集めましたが、鷲見さんも田中さんと同じく悪女役の資質を感じます。

 悪女が似合う女優と言えば、菜々緒さんや小池栄子さんが思い浮かびますが、いずれもモデル出身だけにビジュアルからして圧倒的な存在感を持つ怖い悪役です。それに比べると鷲見さんや田中さんは美人ではありますが、身近にいそうなあざとい小悪魔という雰囲気で、それがリアリティーを醸し出しているのではないでしょうか」

 局アナ出身者が悪女役にハマるのは、過去の経験が生きているのかもしれない。鷲見は今回の出演にあたり、「牌を争うという意味では、女優の世界は少しアナウンサーにも通じる部分があるのかもしれません(笑)。そう思ったので、自分がかつて抱いた悔しい気持ちなどを思い出したりして、演じました」とのコメントを出している。

「局アナは嫉妬の世界です。鷲見さんも田中さんも、過去に同僚から嫌がらせを受けたことを告白しています。自分がされた嫌な経験が、悪女役に生きているのでしょう。

 しかも鷲見さんはドラマの中で、最終的に不倫スキャンダルで失脚する役を演じている。過去に取り沙汰されて事実無根と否定した不倫疑惑をあえて連想させる演出で、ネットをざわつかせました。そういう確信犯的な仕掛けができるのも、局アナの世界で生き抜いてきた強みかもしれません」(同前)

 今後ドラマの悪女役は、局アナ出身者が席巻するかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス