芸能

名曲『プカプカ』の謎が明かされる 西岡恭蔵「50年目の真実」

西岡恭蔵氏の秘密が明かされる(撮影/荒川信)

西岡恭蔵氏の秘密が明かされる(撮影/荒川信)

 ザ・フォーク・クルセダーズなど往年の名曲を披露する「あの素晴らしい歌をもう一度コンサート2021」、松本隆作詞活動50周年を記念してはっぴいえんどのメンバーなどが集まった「風街オデッセイ2021」、半世紀前の歴史的な反戦フォーク集会にちなむ「新宿南口フォーク集会」──。

 この秋、1970年代のフォーク&ポップスをリバイバルするコンサートが相次いで開催され、大いに盛り上がりを見せている。

 そんな中、やはり50年前にリリースされ、今また話題になっている歌がある。シンガーソングライターの西岡恭蔵(1948~1999)がつくった『プカプカ』だ。

 もともと1971年(昭和46年)に出された『男らしいってわかるかい』というシングル盤のB面の曲だったが、関西を中心にラジオの深夜放送でじわじわと人気が広がり、時代を象徴するヒットソングとなった。

 歌詞は4番まであり、「俺のあん娘」は「タバコ」だけでなく、「スウィング」と「男」と「占い」が好きだと続く。そんな奔放な女性に翻弄されつつ、彼女をまるごと受け入れようとする「俺」の思いが綴られる。

 この曲を最初に歌ったのは、大阪のフォークデュオ「ザ・ディランII」の大塚まさじと永井ようだったが、間もなく作詞作曲したシンガーソングライターの西岡自身が歌い、スタンダード・ナンバーとなった。

 以来、原田芳雄や桃井かおり、山谷初男といった個性的な俳優たちがこの曲を持ち歌にしたほか、桑田佳祐、奥田民生、泉谷しげる、福山雅治などの人気アーティストや、森山直太朗、ハンバートハンバート、ハナレグミなど、50人を超えるミュージシャンたちがカバーして、今も歌い継がれている。

 その西岡恭蔵の初めての評伝『プカプカ 西岡恭蔵伝』が出版され、注目を集めている。没後22年目にしてまとめられたこの評伝には、ファンの間で長らく“謎”とされてきた「俺のあん娘」のモデルについての秘話が明かされているのだ。

書き換えられた歌詞の謎

『プカプカ』で歌われている女性のモデルは、ジャズシンガーの安田南だといわれている。安田南は、1970年代に異彩を放ったアーティストで、俳優、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティーとしても独自の人気を集めた、まさに伝説のシンガーだった。

 前述した評伝の著者である中部博氏が語る。

「『俺のあん娘』のモデルが安田南さんであることは、西岡恭蔵さんご自身がライブステージで語っています。

 また、1970年代に西岡さんが安田さんと雑誌の企画で対談した際にも、1番(タバコ)と2番(スウィング)は安田さんのことだったと明かしていますが、3番(男)と4番(占い)のモデルが誰なのかは語っていません。しかし実は、この曲のサブタイトルとバース(前口上の語り歌)の中に、その“ヒント”が隠されていたのです」

関連記事

トピックス