芸能

菅田将暉もラジオ局前で「幸せ」 ラジオ番組で結婚報告が増加のワケ

菅田将暉と小松菜奈

結婚を発表した菅田将暉と小松菜奈

 ともに俳優の菅田将暉(28才)と小松菜奈(25才)が15日、結婚したことを発表。菅田は同日、自身がパーソナリティを務める『菅田将暉のオールナイトニッポン(ANN)』(ニッポン放送)の冒頭で、喜びの声をリスナーに伝えた。

「菅田と小松は2015年に撮影された映画『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)で初共演し、間髪入れずにW主演映画『溺れるナイフ』(2016年)の撮影が続いて、一気に距離が縮まりました。そして、2019年に撮影されたW主演映画『糸』(2020年)で3度目の共演が実現した後、菅田の猛アタックで交際がスタート。今年の初めには、菅田が小松の住むマンションの別の部屋に引っ越しており、結婚は時間の問題だとささやかれていました」(芸能記者)

 菅田は結婚についてTwitterに「幸せな家庭を築いていきたいと思っております」「私達は、戦友であり、心の支えであり、これからは家族になります」と綴る一方、ラジオでは「この1週間くらい、ずっと胸の奥がマグマみたいに熱くて」「いかにたくさんの人に支えてもらっていたのか実感しました」と、率直な感想を語り、「幸せです」と思いの丈を語った。芸能界ではここ最近、結婚しても記者会見は開かず、代わりに「ラジオ」を使うのが1つのトレンドになっている。

「今年4月に夏目三久(37才)との結婚を発表した有吉弘行(47才)は、ラジオのレギュラー番組の放送前に、FM東京の前で取材陣に対応。うるさがるものかと思いきや、『ありがとうございます。幸せです』と笑顔で応じ、驚きの声が上がりました。

 今年5月、星野源(40才)と新垣結衣(33才)が結婚した際、星野が取材陣に対応したのもニッポン放送の駐車場でしたし、ナインティナインの岡村隆史(51才)が昨年10月に結婚した際も、会見に応じた場所は同じ。そして星野も岡村も、ラジオ番組で結婚をリスナーに生報告しました」(芸能ライター)

 いずれの芸能人の結婚も、世間を大きく賑わせたのは記憶に新しいところ。わざわざ結婚会見の場を設けても良いほどの大物ばかりだが、なぜ「ラジオ」がキーワードになっているのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

「芸能人が結婚すれば、メディアは当然コメントを欲しがりますが、記者会見を開けば都合が悪いことを聞かれる可能性がある。しかしラジオ局で対応すれば、適当なタイミングで“会見”を切り上げることができますし、ラジオ番組で思いを語ることで、“それに関する話はおしまい”と、こちらのペースで話を終わらせることができます。

 ラジオ番組で『幸せです』と率直に喜びを表せば、SNSを中心に共感の輪が広がりますし、発言が報じられることで、自身のレギュラーラジオ番組の存在をアピールすることもできる。コロナ禍で会見がやりにくいという事情もありますが、芸能人にとってはメリットが大きいので、今後もこのスタイルは踏襲されていくのではないでしょうか」(石田氏)

 これが可能なのは、自身のラジオ番組を持っている芸能人だけだが、果たして次のカップルは誰?

車を出る菅田将暉

菅田将暉。小松菜奈とゴールイン(写真は2021年6月)

紙袋を抱える小松菜奈

かつては、買い物や紙袋を抱える姿も目撃された小松菜奈(写真は昨年10月)

同棲を開始した菅田将暉

ラジオ番組で結婚を報告した菅田将暉

昨年は紅白出場も果たした菅田

紅白出場も果たしている菅田

街を堂々と歩く姿を目撃

街を堂々と歩く美脚の小松菜奈(昨年10月)

スラリとしたスタイル、長髪の菅田

スラリとしたスタイル、長髪の菅田

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン