• TOP
  • 芸能
  • 『水ダウ』の「おぼん・こぼん仲直り」はなぜ視聴者に評価されたのか

芸能

2021.11.20 07:00  NEWSポストセブン

『水ダウ』の「おぼん・こぼん仲直り」はなぜ視聴者に評価されたのか

『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼん奇跡の仲直り回はギャラクシー賞を受賞した(漫才協会ホームページより)

『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼん奇跡の仲直り回はギャラクシー賞を受賞した(漫才協会ホームページより)

 10月6日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送された『おぼん・こぼん THE FINAL』が、11月19日に発表された放送批評懇談会選定の『2021年10月度ギャラクシー賞月間賞』を受賞した。漫才コンビ結成から56年経つおぼん・こぼんは、近年2人の不仲が話題を呼んでいたが、こぼんの次女の結婚式で電撃的な仲直りを果たして大反響を呼んだ。

 昨年春から個人視聴率が本格的に導入され、現在のテレビ局は従来の世帯ではなく49歳以下の“コア視聴率”を重視している。そのため、最近は若年層の数字を取ろうと、多くの番組がYouTubeやTikTok、インスタグラムなどの人気インフルエンサーを出演させるなどしている。その中で、『水曜日のダウンタウン』は72歳のおぼん・こぼんを取り上げた。それでも、“コア視聴率”は良かったという。

「1965年にデビューし、1980年代前半の漫才ブームでスターになった2人ですが、正直、若年層への知名度はあまりないでしょう。馴染みある視聴者は50代以上です。つまり、今の“テレビが求めるタレント”からは、かけ離れた存在です。

 それにもかかわらず、10月6日の世代別視聴率では50歳以上よりも35歳から49歳のほうが高かった。『水曜日のダウンタウン』はこの日のTBS全番組の中でM1(男20歳~34歳)、F1(女20歳~34歳)、M2(男35歳~49歳)、F2(女35歳~49歳)の4世代で1位でした。おぼん・こぼんをよく知らない世代にも訴えかけるものがあった証拠でしょう」(テレビ局関係者)

 最近のテレビ番組は“仰天”“奇跡”“驚愕”などの煽り文句に反して、予定調和な内容で終わるケースも少なくない。だが、『水曜日のダウンタウン』のおぼん・こぼんには“奇跡の仲直り”という言葉が似合った。

「不仲の話題を好む視聴者は潜在的に多い。ただ、予定調和の番組であれば、『どうせ最後は仲直りするんだろ?』と見限られたでしょう。しかし、『水曜日のダウンタウン』は今まで“ガチ”を通してきましたし、おぼん・こぼんの不仲説を立証する形となった2年前の『芸人解散ドッキリ 師匠クラスの方が切ない説』では、解散を提案するおぼんに対し、最終的にはこぼんがキレて、おしぼりを投げつけた。ナイツがドッキリだと伝えに行くと、さらに怒りが増した。最近のテレビにはない緊張感が漂いました。これらの前振りがあったからこそ、『おぼん・こぼん THE FINAL』は“奇跡の仲直り”と視聴者も素直に思えたわけです」(放送担当記者)

関連記事

トピックス